デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

お彼岸とお盆ってどう違うの?

8月のお盆休みに帰省された方はお墓参りをしてきた方も多いと思いますが、お彼岸は春分の日と秋分の日を中心に前後3日で行なうもので、この7日間の間、お寺では法要が行なわて、家庭ではお墓まいりをする期間とされています。
8月にお墓参りしのたに、またお墓まり〜!?と思うかもしれませんが、お盆とお彼岸では持つ意味が異なります。
「お盆」はご先祖様が私たちのいるこちらの世界に帰ってくる日とされていて、お墓まいりを通じてご先祖様を敬う日です。
一方「お彼岸」は、ご先祖様のいる「極楽浄土」が私たちのいる世界と一番近くなる日とされているので、
意味は異なりますが、こちらもまたご先祖様を敬う日なのです。

お墓参りの時期は??

「お盆」は、関東だと7月中旬くらいからお墓参りをするというところもありますが、地方ではお盆休みがお墓参りの時期というところが多いようです。
大体8月13日からが具体的な日にちとなっているようです。やはり、お盆休みは一般的にご先祖様が家に帰ってきて家族と一緒に過ごすとされているので、家族が揃っていた方がご先祖様も喜びますよね。実家に帰った際には、家の中やお墓の掃除をしたりしてきれいな環境でご先祖様を迎える必要があります。お墓参りをした時には、提灯に灯りを灯して、果物やお花をお供えします。

お墓参りは、ご先祖様の供養をするということはわかったと思いますが、お盆の時期に先祖が戻ってくるといわれているのです。
お盆は、昔からの風習で明治初期くらいにはその習わしがあったと言われています。そして、ご先祖様の供養はもちろんですが、収穫や豊作を祈願するというものでもあったようです。このようにお盆には、たくさんの願いや意味がありました。お盆は盂蘭盆会という音写語でした。サンスクリット語で、逆さ吊りという意味があります。地獄のような苦しみから救うということを盂蘭盆会といいます。
「お彼岸」は、春と秋の2回。今年の秋は、9月22日が「秋分の日」なので、この前後3日、つまり19日〜25日です。
期間内ならいつお墓参りしてもいいので、秋分の日当日でもいいし、週末を利用することもできますね。仏教では、死後の世界のことを「彼岸」といい西にあるとされ、逆に私たちのいる世界を「此岸(しがん)」といって、東にあるとされています。
お彼岸法要の行なわれる、春分の日と秋分の日は、太陽が真東から昇って、真西に沈むことから、彼岸(死後の世界)と此岸(私たちのいる世界)が最も通じる時と考え、先祖供養するようになったと言われています。

お墓参りでの注意事項!

お墓参りでは、きちんとしたマナーを守る必要があります。
お墓の掃除はもちろんですが、ゴミなどを持ち帰ることは、必須です。またお供え物は、カラスなどや野良猫などに食い荒らされる危険性もあるために、お供えものはお墓参りをしたあとは、持ち帰るようにしてください!そして、線香やろうそくで火を使うとは思いますが、その際は火の始末に気をつけてくださいね。きちんとお参りえをして、ご先祖様に感謝の意を伝えるようにしましょうね。お盆になるときゅうりやナスを馬や牛にみたてて飾るというところもありますよね。この意味はご存知でしたか??これは、精霊馬といわれています。キユウリには、少しでも早くごこちらにたどり着けますようにという意味があり、ナスには、景色を眺めながらゆっくりあちらへ戻れるようにという意味があります。夏の野菜で形どられている馬や牛。そんな意味があったのですね。
そして、お彼岸参りでの供え物ですが、春は「ぼたもち」秋は「おはぎ」とされています。
よく考えたらこの2つ同じじゃないですか?ここにはこんな意味がありました。
「ぼたもち」は牡丹の季節、つまり春に食べ、「おはぎ」は、萩の季節、つまり秋に食べるということで、同じ食べ物なのに、食べる季節によって呼び方が変わっていたんですね。ちなみに、夏は「夜船」冬は「北窓」とも言います。
色々な意味を踏まえて、今年のお彼岸はしっかりご先祖供養してきてくださいね。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP