デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

「君の名は。」にも登場した須賀神社とは?

新海誠監督の最新作「君の名は。」にも登場したことで話題を呼んだ須賀神社。公開から10日で興行収益38億円を突破するなど驚異的なヒットで話題を呼びましたよね。
そんな劇中に登場する須賀神社は、東京都新宿区にある四谷十八ヵ町の総鎮守であり、 土木建築・悪霊退散・諸難・疫病除けの神である須佐之男命(須賀大神)、五穀豊穣・開運招福・商売繁盛の神である宇迦能御魂命(稲荷大神)の二つを主祭神に祀っているため、ご利益を求めて多くの人が訪れている神社です。
安産祈願や初宮参り、成人式や長寿祝いなど、人生の節目ごとに行われる儀式も行われている神社でもあります。

「君の名は。」とはどんな映画?

大ヒットを記録した「君の名は。」は、新海誠監督のアニメーション映画で、東京の四谷にクラス男子高校生立花瀧と、飛騨の山奥の街で暮らす女子高生宮水三葉がある日突然夢の中で入れ替わってしまうという少年と少女の恋を描いた物語です。
監督の新海誠さんは長野県南佐久郡小海町の出身で、「ほしのこえ」や「秒速5センチメートル」、「言の葉の庭」などの代表作がありますが、作風が「新海ワールド」と称されるほどで、風景描写の緻密さや美しさが特徴の監督です。少年少女の”恋愛”をテーマにした作品が多く、その新海ワールドに惹かれて作品への出演を熱望する方も多く、ファンの方が映画に登場したシーンを巡るといった”聖地巡礼”も行われているそうです。
須賀神社は「君の名は。」に登場する主人公の瀧と三葉が階段ですれ違うという名シーンに登場する神社で、多くのファンの心を打った名シーンとも言えます。そんな名シーンの舞台になった須賀神社は、東京都新宿区に位置する神社で、江戸初期から四谷の地に鎮座する四谷八ヶ町の総鎮守でもありますが、例大祭、酉の市、初詣など、年間を通して様々な催し物も行われるので、地元の方だけではなく、遠方からも多くの方が訪れる魅力ある神社と言えるので、是非時間がある時に一度行ってみてはどうでしょうか?

例大祭

須賀神社で行われる例大祭は「四谷担ぎ」と呼ばれる独特な進み方をする神輿が見どころのお祭りです。
例大祭は基本的に金曜日の宵宮(前夜祭)から翌週の月曜日の修祭までのおよそ4日間をかけて行われるのが恒例となり、「宵宮」「例大祭々典」「本社神輿渡御」「修祭」に分けられます。特に土曜と日曜の2日間は多くの屋台が出店され、さらに踊りや太鼓といったお祭りの雰囲気を楽しむことができます♪
普段は落ち着いた雰囲気のある須賀神社ですが、この例大祭はたくさんの人たちで賑わい盛り上がりを見せるので家族連れでもでも楽しめそうですね!

四谷酉の市

須賀神社を中心に毎年行われている行事の一つとして「酉の市」があります。酉の市は毎年11月のとりの日に行われる須賀神社の恒例行事で、商売繁盛開運招福の神として多くの人たちから信仰を集めている行事です。
須賀神社は別名「大鳥神社」とも呼ばれていますが、「大鳥」は「大取り」に通じていて宝物を大きく取り込むという意味合いも含まれているようで、酉の市当日は神社の境内で「開運熊手守」が授与され、開運熊手守を手にした方は開運くじも引くことができるそうです。
開運熊手守は古くから熊手で福をかっこむと言われていることから、開運や商売繁盛のお守りになっているそうなので開運や商売を繁盛を祈願したい方にはオススメですよ♪

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP