デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

荒れた唇のケア方法

見た目の印象ってすごく大事ですよね。
特に顔は、初対面の際に1番最初に目がいくところです。お客さんである男性も、唇がぷるぷるし潤っていている女性を好む傾向があります。
唇が荒れていたり、乾燥したり、がさがさしていたりすると、他の部分はよくても印象を悪くしてしまいます。
荒れた唇は、それだけでマイナスの印象を与えてしまうのです。唇の皮膚は薄く、潤いを保つ機能を持っていないため、乾燥しやすくなっています。
そのため、夏ですら唇が荒れてしまうこともあるんです。

荒れた唇をぷるぷるにするケア方法とは

1.食生活に気をつける 唇の荒れの原因は栄養バランスの崩れと乾燥や菌からくる外的刺激の2つです。
「唇の血色がよくない」「ハリが全然ない」というパターンの場合は、ビタミンB不足が主な原因。
ビタミンBは豚肉、納豆、バナナ、レバーなどに多く含まれているので、積極的に摂取していきましょう。 「唇ががさがさしている」「乾燥している」というパターンの場合は、部屋に加湿器を置いたり、リップクリームを1日3回塗ったりなどしましょう。
リップクリームの塗りすぎも、乾燥を招く原因になりますので、塗りすぎは要注意です。
ビタミン不足や水分不足も関係してるので、特に水分はこまめに取るように心がけるといいでしょう。
2.リップクリームは医薬品がオススメ リップクリームなら何でもいいというのは大きな間違いです。
リップクリームは医薬品のものを使うことをオススメします。
医薬品以外のリップクリームは予防用として使うものです。荒れてしまった場合は、予防用のリップクリームを使っても意味がありません。
医薬品のリップクリームは第3類医薬品と表記されているため、医薬品コーナーに置かれています。
通常のリップクリームよりは高めの値段ですが、荒れた唇を治すのに最もいい効果をもたらすリップクリームです。
3.リップパック はちみつとワセリンを混ぜたリップパックは保湿効果が抜群です。
そもそも、はちみつには元々保湿効果を持っており、多くの化粧品にも使われています。
対するワセリンは、皮膚科でも処方されるほどのものです。
今では市販でも取り扱っているため、気軽に手に入れることができます。
リップパックはできるかぎり、お風呂上がりや寝る前にやることをオススメします。
唇が清潔な状態でやらないと、効果がないからです。やり方は簡単です。
①はちみつとワセリンを1:1で混ぜる
②それを唇に塗り、その上にラップをつけ5~10分ほど置く
③ラップを外して優しく拭き取れば完了 しっかりと保湿がされるため、1週間もあればぷるぷるで潤いがある唇ができます。ケアをすることで、いい唇を保ちましょう。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP