デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

源氏名どうしよう?デリヘル店で目立ちやすく覚えてもらいやすい源氏名とは

源氏名とは、風俗や水商売での世界で、自分の本名を伏せるためや、本名よりかわいい(かっこい)名前にするためにつける偽名のことをいいます♪ 仕事中のみ使う名前で、芸能人の芸名にみたいなものです。源氏名は他の人と被らなければ、基本的に自由であることが多く、どこのお店にいっても同じ名前を使い続ける女の子もいれば、お店のスタッフに決めてもらっている女の子もいます。 初めて夜の世界でお仕事する女の子や、特に源氏名にこだわりがない女の子からすると、お店のスタッフに「どんな名前にする?好きな名前でいいよ」と言われてもすぐには思いつかないですよね?! そこで、今回はデリヘル店で目立ちやすく覚えてもらいやすい名前の付け方をご説明します♪

間違われやすく読めない源氏名は極力避ける

当て字や難しい漢字、キラキラネームは確かに印象に残りやすそうですが、正直言うと少し期間が経つと忘れられてしまうことが多いです。 例:「りりあ」「桜心(ももね)」「七音(ドレミ)」 お客様に「姫愛(てぃあら)」と呼ばせてしまうとか、そういうのもNG。 また、間違われやすい名前も避けた方がいいです。1つのデリヘル店に似たような名前の女の子がいると、お客さんからの電話予約をスタッフが聞き間違えて、別の女の子の予約をとってしまったりを避けるためです。
例:「ゆうな」「ゆいな」「れいあ」「れいか」「れあ」「まい」「まみ」
源氏名は読めて、覚えやすくないと意味がありません。

自分のキャラに合わせた名前

美人でスタイルも良い女性が「いちご」という名前だとしたらなんだか変ではありませんか? 童顔でロリ系の可愛らしい女性が「レイ」でも違和感があります。性格や容姿により自分のキャラに合わせた名前をつけるといいです。自分で分からないのであれば、お店の人や周りの友達に聞いてみたりしてもいいかもしれません。 自分の容姿、中身と名前を合わせたりすると、お客様に覚えてもらいやすくなります。

デリヘル店の雰囲気に合わせた名前

学園系のデリヘル店だったら「もえ」「あおい」「みく」など、学校に一人はいそうな名前が受け入れられやすいでしょうし、お店のお客様が年配の男性が多いのであれば(高級デリヘル店等)、落ち着きのある名前のほうが好まれます♪ お店の雰囲気はとても大事なので、極端にズレた名前だとお店からNGを出されることもあります。

源氏名は売上げに影響してしまう?!

デリヘル店を利用する男性で一番多いのが30〜40代のサラリーマンという年齢層なのですが、30〜40代のサラリーマンは覚えやすい源氏名を好む傾向にあります。つまり覚えやすい源氏名が、指名を受けやすいことを意味しています。
例:「なな」「りょうこ」「みなこ」
こうしたことから、本名に近くありふれた名前を選んだりすると、次は本指名で返ってくる可能性があります♪ 源氏名は夜の世界でお仕事を長く続ける場合にはとても大事なものです。もしかしたら、その源氏名で風俗業界で有名になるかもしれません。 これからデリヘル店で働こうかなと思っている女の子や、地方のデリヘル店に出稼ぎに行く女の子は、上記で明記したことを参考に源氏名を付けてもらいたいと思います♪

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP