デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

私の行動読まれてる?!風俗スカウトマンに声を掛けられやすい女性

『新宿スワン』という漫画から映画化された物語をご存知でしょうか? この作品は、歌舞伎町が舞台で“スカウトマン“として働く主人公の奮闘を描いた作品。この物語のスカウトは、女性を水商売や風俗、AVといった世界へ勧誘する職業である。この物語が風俗スカウトマンの全てとは言いきれませんが、風俗スカウトマンが、繁華街で歩く世の女性達をどのようにして声を掛け、どういった女性を風俗の世界に導くのか知りたくありませんか? 貴女も一度は、どこかの街でスカウトマンに声を掛けられたことがあるかと思います。

デリヘルなどの風俗にスカウトされすい女性

■靴のかかとが擦り切れ、ボロボロのものを履いて歩いている。
風俗のスカウトマンのほとんどが見ている箇所で、容姿以上に注目しているようです。「服やバッグはきちんとしているのに、靴だけちょっと…」という場合は、ゆるい女性とみています。 見栄っ張りで人目を気にするのに、実際は流されやすくだらしがない子が多い。
■メイクはしっかりしているのに髪の色が汚い金髪のプリン。
まつ毛はバサバサ、パッチリとした目にカラコンで何もかもメイクは完璧で気合いが入っているのに、なぜか髪の毛はボサボサ、金髪の何ヵ月も美容院に行っていない感じの女性。こういう女性は必ず声をかけるのだとか。髪やお肌に手をかけているのか=きちんとしているのかどうかのマークになる。容姿全て完璧、あるいはすべてズボラの方が、固い女と思われるようですよ。
■複数のバッグを持ち歩いているorバッグが異様に大きい。
実際に仕事などで荷物が多い人を除き、使わないものなのに不安のあまり、または癖で大量の荷物をバッグに持ち歩いていてしまう女性、いますよね。これは心理的でもありますが、「だらしがない」「寂しがりや」の人におおい傾向があるので、スカウトマンはその心理学を知り、声を掛ける。要は、隙があると見られているということなのでしょうか。
■手脚に傷跡がある。 自傷行為なのか、男に殴られてたのか、事情はいろいろあると思います。
そんなに意識して手や脚をよくみているわけではありませんが、例えば、リストカットの跡を見て「この子は何かストレスを抱えている、解消したいのだろう」とスカウトするようです。実際、風俗嬢の中には「メンヘラ」の子も少なくない。
■「私、可愛いでしょ!」って思っている雰囲気。
風俗のスカウトマンは、ただ若い女性というだけで声をかけているわけではありません。自分が好きだというオーラを全身からまとっているような女性はスカウトされる傾向にあります。特に若い女性に多く、自分が大好きオーラをまとっている子がいます。 もちろん、これらに当てはまる全ての女性が声を掛けられるとは限りませんが、風俗スカウトマンは女性の心理を多少なりとも知った上で、これらに当てはまる女性が風俗嬢になる確率高いといわれています。 もし、当てはまる項目があるとしたら、街中で「この子は無頓着でゆるいな〜」なんて判断されているかもしれませんね。

風俗勧誘の路上スカウトは違法です

東京都が2007年から始めた「迷惑防止条例」を全国に広めたことで、現在も路上スカウトは原則禁止となっています。しかし、東京や大阪だけではなく地方都市の繁華街では、風俗嬢の需要も高く、多くのスカウトマンが昼夜その活動を続けています。いくら条例で決められたからとはいっても、必要である以上、存在し続けるのが本当のところではないでしょうか。 スカウトマンの中には、女性を利用する悪質な人もたくさんいます。LINEをしつこく聞いてくるスカウトマン、適当なお店を紹介してくるスカウトマンに、ストレスを感じているなどのお悩みもよく受けています。デリヘル求人サポートセンターとしては、悪質なスカウトマンにつかまって欲しくありませんし、せっかく風俗で働くと決めたからには、自分に合ったデリヘル店で働いてほしいです。デリヘル求人サポートセンターではいろいろな質問・お悩みを承っております♪お気軽にご相談ください。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP