デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

春先の肌荒れは花粉症皮膚炎かも

花粉症は今や日本人の多くが発症している病気です。
5人に1人が花粉症と言われているほどにまでなっています。
デ リヘルのお仕事をしている人でも、花粉症のかたは多くいると思います。
お客さんの髪や服に花粉がついていて、くしゃみや鼻水が止まらなかったり、行為中に急に花粉症の症状が出てしまったり、この時期は特に苦労しがちかと…。
実はここ最近は花粉によって肌荒れを起こしたり、肌トラブルに繋がるケースが急増しています。花粉が多い春の時期になると、この症状に悩む人も増えるとのこと。

花粉症皮膚炎が急増中

これらの肌荒れの症状は花粉症皮膚炎と呼ばれています。
花粉症ならではのくしゃみや鼻水が出てこなく、この皮膚炎だけになる人もいるみたいです。
具体的な症状は、肌が出ている顔や首部分に蕁麻疹、肌荒れ、かゆみ、赤くなるなど。
ひどい場合は痛みを伴うこともあります。 特にこの病気は女性の割合が圧倒的に多いとのこと。
男性と比べてもその確率は12倍にもなるそうです。
そもそも、この肌荒れは皮膚バリアー機能が傷つき、そこに花粉がついて炎症を起こすというもの。女性は化粧を落とす際に、顔にある皮膚バリアー機能を傷つけてしまうことがあるのです。
また、アイメイクを落とすときは、特に目元を強くこする傾向があるので、その影響で皮膚バリアーが傷ついてしまうことも。

花粉症皮膚炎の対策方法

とにかく花粉を身体につけないことが大切になっていきます。
この時期は外出をする際にマスクをしたり、室内に花粉を持ち込まないようにしましょう。
特に外に干してある洗濯物を取り込む際は、外でよく花粉をはらってから室内に入れるといいです。 それ以外でも、日常生活から対策できるものもあります。
1.洗顔やシャワーで丁寧に洗い流す 肌を強くこすったりしてしまうと、皮膚バリアー機能が傷ついてしまいます。
そのため、洗顔は肌に負担をかけないように優しく洗いましょう。 帰宅後はすぐにシャワーなどを浴びるようにし、髪や肌が出ている部分についている花粉を落とすことが大事です。身体を洗う際も、ゴシゴシと強く洗わないように、泡で洗うこと意識しましょう。
2.皮膚の保湿を保つ 保湿を保つことで、皮膚バリアー機能も同時に保つことができます。
保湿を保つのに使う化粧水なども、低刺激なものを使用するとなおいいです。
油分などが強いものを使用すると、かゆみを起こすこともあります。また、肌に合わない化粧水などを使うのはもってのほかです。使用してかゆみや痛みが出るものは、使用しないようにしましょう。 化粧水や乳液などの多くの美容液に含まれる保湿剤は、皮膚の再生をしてくれる働きを持っています。
ダメージを受けた肌の回復を早めてくれるので、お風呂上がりなどの際には保湿ケアは必ず行うようにしましょう。
3.肌荒れは食生活にも影響あり 食べたものが影響となって、肌の組織は作られていきます。
偏った食事や不規則な食事は、肌荒れの原因となる元です。 肌の保湿、かゆみを抑える:赤(黄)ピーマン、ゆず、アセロラ 肌のバリア機能を高める:赤身肉、魚、卵 皮膚の再生:牛もも肉、チーズ、卵黄、大豆 以上の食品は肌や皮膚にとって、とても効果のあるものです。積極的に摂取していくようにしましょう。 デリヘルのお仕事は肌をみせる仕事でもあるので、肌荒れや肌トラブルには特に気をつけたいところです。花粉症皮膚炎でないとしても、いつこのような症状が出るかわかりません。日頃から洗顔、保湿のケア、食生活を意識しておきましょう。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP