デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

デリヘルでなら、深夜〜朝まででも働ける?

昼間の時間に働けない、という事情がある女性や、夜の方が活発になる、という夜行性の女性は、夜に働いてみるのはいかがでしょうか。深夜勤務の欠点といえば、終電がなくなって 家に帰れなくなってしまうことですが、デリヘルで働くなら問題ありません。お好きな時間に働くことができるのが、デリヘル勤務の良いところです。

各地に多数!深夜営業のデリヘル

デリヘルの中には、深夜営業をしているデリヘルは数多くあります。仕事や飲み会で終電を逃してホテル泊…という男性が、一人でホテルに泊まってデリヘル嬢を呼ぶことはすくなくありません。中には24時間営業をしているデリヘル店まであります。そういったデリヘルは、明け方に仕事が終わる夜勤勤務の男性客の利用を見込んで早朝も営業しているわけです。地方に住んでいる女性の中には、そんな都合の良い働き方ができるデリヘル店はどうせ都会にしかないのでは?と考えている方もいるかもしれませんが、深夜・早朝営業、または24時間営業のデリヘル店というのは、都会にばかりではなく最近では地方にも数多く営業 しています。

しかし、そうは言ってもやはりデリヘル店の利用客は夜〜深夜にかけてが一番多いため、プレイ料金を時間帯によって変えているお店では、やはり夜〜深夜にかけてが一番プレイ料金が高く、その分デリヘル嬢へのバック金額も高くなるようです。逆に昼間の時間帯は割引料金となっているお店が多いため、同じ分の時間を働いても、働く時間帯によってお給料にだいぶ差が出てきてしまう場合もあります。

深夜のデリヘルで働くデリヘル嬢は家に帰れない?

深夜のデリヘルで働く場合、地方のデリヘルは基本的に車移動であるため何時にお仕事が終わっても家まで送迎または自分で車を運転して帰ることができますが、都会のデリヘルで働 いている場合、基本が電車移動である場合も多く、そうなると深夜になると電車がなくなってしまいます。深夜に働きたいけれど朝まで働くのはちょっと…」「始発前に家に帰りた い」という女性は多いかと思いますが、深夜のデリヘル店で働く場合、あまり帰りの電車のことは気にしなくても大丈夫かもしれません。
深夜・早朝営業のデリヘル店の中には、終電を過ぎても働く場合、都会のデリヘル店でもきちんと車で家まで送迎してくれるお店はたくさんあります。また、事務所の待機所で朝まで仮眠を取って帰る、という手もあります。または、逆に終電ぐらいにお店に出勤し、始発まで5〜6時間働く、という働き方も考えられます。「終電がないから」と深夜勤務を倦厭してしまうのはもったいないものです。せっかく深夜の方が昼間よりも金額的に稼げる額が高くなる傾向があるのであれば、夜働いた方がお得というものです。

深夜勤務のデリヘル嬢が気をつけたいポイントは?

深夜のデリヘルで働くと稼げるとはいえ、全ての面においてデリヘルの深夜勤務が良いとは限らないのも確かです。デリヘルの深夜勤務のデメリットとしては、やはり健康管理がなかなか難しい、という点が挙げられるでしょう。どうしても深夜勤務となると、仕事が終わっ

てご飯を食べてすぐに寝る、という生活スタイルになりがちですが、食べてすぐに寝るのは太る原因です。また、太陽の光を浴びない生活、昼夜逆転した生活、不規則な生活を送り続けていると、自律神経失調症になりやすくなったり、鬱になりやすくなる人も多いとのことです。お肌や美容にもよくありません。健康面を考えると、あまり長期間に渡ってデリヘルでの深夜勤務をするのは考えものかもしれませんが、とりあえず今お金が欲しい、いくらぐらいの貯金が欲しい、借金の支払いを早く終わらせたい、という女性は、期間を決めて深夜にデリヘル店で働くのが良いかもしれません。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP