デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

美肌を守りたいデリヘル嬢は日焼け止めを欠かさずに!

女性の中には、暑い夏の季節が終わるとお肌のケアをサボりがちになってしまう人もいるようです。特に日焼け止めは、あからさまに日差しがジリジリと降り注ぐ夏場に関しては、しっかりと忘れずにお肌に塗り込んでいても、秋〜冬になるとそこまで暑くないし、夏のように日焼け止めを塗らなくてもまあ良いか…と、日焼け止めを塗るのをやめてしまう女性もいます。しかし、これは美肌をキープしたいなら絶対にNGです。秋も冬も、日焼け止めは必ず塗るようにするべきでしょう。
特に、風俗嬢の中でもデリヘル嬢は、他の風俗嬢と比較して外を出歩く時間が長くなります。日が暮れてからしかデリヘルで働かない、それ以外の時間はカーテンをひいた部屋に閉じこもって生活している、というようなデリヘル嬢であれば日焼けの心配をする必要はないかもしれませんが(しかしそれはそれで不健康的ではありますが…)、昼間の太陽の下を移動する必要があるデリヘル嬢は、必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。

車に乗っていても、直射日光を浴びなくても日焼けはする

送迎ありのデリヘル店で働くデリヘル嬢の場合は、車移動をするので日中でもそこまで直射日光に当たることはないし、日焼け止めは必要ない、と考えている方もいるかもしれませんが、それも間違いです。車に乗っていたとしても紫外線は窓から入ってきますし、直射日光に当たっていなかったとしても、紫外線は地表に反射して跳ね返ってきます。ですから、例え夏場ではなかったとしても、紫外線対策はきちんとするべきですし、日焼け 止めはしっかりと塗るべきです。

わざわざ日焼け止めを塗るのが面倒なら、日焼け止め入り化粧品でカバー

わざわざ日焼け止めを買って塗るのも面倒臭い、というズボラなデリヘル嬢は、日焼け止め成分が入った化粧品を使ってみるのはいかがでしょうか。化粧は人前に出るようなお仕事をしている女性なら、必ず毎朝する必要があるものですし、ましてや女性らしさをウリとしているデリヘル嬢であればなおのことです。そのため、日焼け止め成分の入った化粧品を日頃から使っていれば、自然とUV対策ができる、というわけです。
化粧下地はもちろん、ファンデーション、おしろいにも日焼け止め成分が含まれているものも注意して見てみるとかなり多いです。そういったものを選ぶようにすれば、自然とUVケアができます。
化粧品に含まれている日焼け止め成分は、あまりSPF値、PA値が高くないものが多いようですが、なかにはSPF50++++、といったような日焼け止め成分がかなりしっかりしている化粧品もあります。このSPFとは、約20分間の間に何も付けていない素肌と比較し、日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばせるか、という基準であり、例えばSPF50の日焼け止めだと20×50で1000分、つまり16.6時間まで日焼けを抑えることができる、ということになります。また、PA値というのは紫外線A波(UVA)の防止効果を表すものです。一番強いものから++++、+++、++、+の4段階に分けられています。しかし、もちろん汗をかいたり肌をこすったりすることで日焼け止めは落ちしまいますので、完全にその表示の時間いっぱいが日焼け止めを塗っていれば日焼けから肌がプロテクトされているとは限りません。こまめに日焼け止めを塗り直すか、日焼け止めスプレーなどを使って日焼け止めが落ちてしまうのを防 ぐようにしてください。

日焼け止めは落ちにくい!クレンジングはしっかりと

日焼け止めは、一度塗ったら落ちにくくあって欲しいものです。ちょっと汗をかいたり擦ったりした程度で簡単に落ちてしまうようでは、お肌を日中の紫外線から守りぬくことはできません。しかし、逆に言えば強い日焼け止めは洗顔しても落ちにくく、肌への負担が強い場合も多いものです。家に帰ったら、しっかりとクレンジングや洗顔フォームで落として、夜の間にお肌を休ませてあげるようにしましょう。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP