デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

ローションを使い分けできるデリヘル嬢はもっとお客さんに喜んでもらえる!

デリヘルのお仕事をしていると、必ず必要となってくる道具がいくつかあります。ローションはその中の一つです。しかし、一口にローションを言っても種類はいくつもあり、デキるデリヘル嬢ともなると様々な種類のローションを使いこなしているものです。デリヘル店によっては、ローション等の備品を支給しているお店もありますが、支給されたローションをそのまま使っていたのではまだまだ素人です。

プロのデリヘル嬢は、お客さんの好みやプレイに合わせてローションを数種類準備しておき、使い分けることもあります。

ローションの使い分け方って?

ローションとは、元々は更年期を迎えて女性器が濡れにくくなった女性や、元々濡れにくい女性がSEXをする際に挿入を助けるものとして開発されたものです。スムーズな挿入を行うために開発されたものであり、ヌルヌルの成分は海藻等から由来しているものだったり、口に入っても安心な成分のみを使用しているものも多いです。

ただし、すべての製品が安心安全というわけではなく、中には肌に合わない、かぶれを引き起こしてしまうような製品もあるようですので、自分の体質に合ったものを選ぶようにしましょう。

流通しているローションの中には、通常のローション、医療用としても使用されるウォーターベースローション、香りや味つきのローション、温感タイプのローションなどがあります。また、ローションを温める専用の機械である「ローションウォーマー」なるものもあります。ウォーターベースのローションは、さすがに医療用として使用されることもあるものですので、危険な成分が入っておらず、安心して使うことができます。

また、拭き取りやすかったり、オールマイティに使えるのでデリヘル嬢から重宝されています。香りや味付きのローションは、例えばお客さんの体を舐めるプレイに抵抗がある…というデリヘル嬢にとっては強い味方です。味や香りで気分を誤魔化すことができます。

ただし、ローション特有の風味のようなものはどうしてもありますので、逆に香料とローションの風味が混じり合って余計に気持ち悪い…と感じてしまうデリヘル嬢も。その辺りは、どうしても個人の好みによってしまいます。温感タイプのローションは、ローションをつけた瞬間のヒヤッとした不快感を軽減することができます。真冬や真夏のエアコンが効いた部屋などでプレイをする際には強い味方となってくれることでしょう。

ただし、香りや味付きのローションや温感タイプのローションの中には、その成分が刺激となり、肌に合わないとかぶれてしまう…という場合もありますので、注意も必要です。

ローションはどんな時に使えば良いの?

基本的に、ローションは体をこすり合わせるプレイ全般に向いています。ソープランド等ではマットプレイ時にローションを多用しますし、デリヘルでも手コキ、パイズリ、乳首攻めや亀頭攻め、アナル攻め等等、あらゆるプレイで使用できます。ただ単にローションを垂らして体を撫でているだけでも、確実にお客さんの感度をUPさせられることでしょう。

ローションを使う際の注意点

ローションを使う際の注意点としては、衛生的に注意して取り扱わないとカビが生えてしまったり、雑菌が繁殖してしまったりということも起こり得る点。精製水で希釈して自分好みの濃度にして使用しているデリヘル嬢も多いかと思いますが、その際に雑菌が入ってしまわないように注意しましょう。

また、一度開封したローションは、1ヶ月程度を目安に使い切るようにし、あまり時間が経ってしまったローションはもったいなくても使わないようにしましょう。

また、プレイ時には、ローションをあまりにも全身に塗りたくったり、お風呂場でヌルヌルさせすぎてしまうと、体が滑って怪我の原因となってしまう場合もありますので、使用量や使用場所には注意するようにしてください。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP