デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

本番強要してくるお客さんをやんわりと断る良い方法は?

本番なし風俗で働いていると、必ず起きる問題がお客さんからの本番強要、いわゆる「本強」と呼ばれる行為です。本番をしたいならそれなりのお金を払って本番が暗黙の了解となっているソープランドへ行けば良いのに…という話なのですが、本番なしのデリヘルでも、やはり本強してくるお客さんは多いです。

どうしてお客さんはデリヘルで本強してくるの?

どうしてソープランドに行けば本番ができる可能性が高いのを分かっていて、お客さんはその他の風俗でも本番をしたがるのでしょうか?
第一に挙げられる理由としては、やはり「得をした」という気持ちになりたいから、1円でも安く遊びたいから、という理由が大きいのではないでしょうか。ソープランドは本番前提であるために、料金も高額であることが多く、デリヘルと比較してもプレイ料金は高めです。

デリヘルで基盤(プラス料金なしに本番すること)ができれば、お客さん的には「得した」と感じることができます。また、本当は本番なしの風俗なのに本番ができた、ということで「自分が他の男性よりも女性から受け入れられている」という錯覚で満足感を得たいがために本番をしようとしてくる男性も多いでしょう。なんにせよ、他の人よりも得をしたい、という気持ちから本強してくるお客さんは多いと思われます。

本番したくないデリヘル嬢が、お客さんと揉めずに本強を上手にかわすには?

本番をしたくないからデリヘルで働き始めたのに、本強客のあまりの多さに気持ちを病んでしまうデリヘル嬢も多いです。

また、本強を断ろうとして拒否したら、お客さんとトラブルになってしまった、という話もよく耳にします。真っ向勝負で本強を断ろうとすると、お客さんの気分を害してしまうため、上手に断るのが苦手で本番を受け入れてしまい、自己嫌悪に陥ってしまうデリヘル嬢や、なんとか拒否したもののお客さんから酷い言葉をぶつけられて落ち込んでしまうデリヘル嬢は非常に多いです。

お客さんの中には、デリヘル嬢に本番を迫って断られると、男としてのプライドを傷つけられたと感じて怒ってしまう人もいます。また「風俗で働いている時点で、本番をするのは当たり前」「風俗で働いてるくせにお高く止まるな」と考えている男性も多いです。
デリヘル嬢側からしてみたら、だったらその分それ相応の対価を払って本番ありの風俗に行けばいいのに、という話なのですが、働く側の常識はお客さんの常識とは真逆であり、理解しあえないことが多いものであると最初から覚悟しておいたほうが良いでしょう。

そのため、デリヘル嬢が本強客の被害を防ぐためには、まず「隙を見せない」ということが一番大事です。少しでも曖昧な態度を取ると、お客さんは「いける」と思ってどんどん攻めの姿勢できます。
ただ、隙を見せないと言っても、真っ向勝負で「無理です」と言ってしまっては角が立ちます。
そのため「本番できない理由」と「本番してしまったらどうなるか」というのをはっきりとお客さんに示しておくのが良いでしょう。例えば「お店に怒られるから本番できません」「衛生上の理由から本番は禁止されています」といった具合に「自分以外の圧力で本番を禁止されている」というような理由付けをしておきます。

それでも本番をしてこようとするお客さんには「すみません、お店に連絡しないといけなくなるので」「しないことにしているんです」と断りましょう。
あくまでもヒステリックに言わずに、淡々と言ったほうが効果があります。 もし、無理やり力ずくで本番をされそうになってしまった場合にそなえて、電話はすぐに手の届く場所に置いておく、素股をする場合はバック素股のように身動きが取れなくなるような体制は取らない等の対策を練っておくほうが良いでしょう。

力ずくで、となってしまうと、男性の力には到底かないません。そうなってしまっては泣き寝入りするしかありませんので、事前に本強しにくい環境を作っておくことが大切です。
もし「○○ちゃんは本番させてくれた」「そんなんじゃお客さん取れないよ」などと嫌味を言われても気にしないように。
ふて腐れた顔やうんざり顔を作ってお客さんの気分を逆なでするよりも「そうなんですか? でも私はダメなんですよ〜」と笑ってスルーできるぐらいの図太さを持てると良いですね。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP