デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ
デリヘルに何度面接に行っても不採用となってしまうのはなぜ?

デリヘルに何度面接に行っても不採用となってしまうのはなぜ?

よく、巷では「風俗嬢には女性なら誰でもなれる」「一番簡単に採用してもらえて、ガッツリ稼げる」と言われていますが、それを鵜呑みにして「お金がないからとりあえずデリヘルででも働いてみようかな〜」と気軽な気持ちで面接を受けに行ったら、一件どころか何件面接に行っても不採用となってしまい、ガッカリしてしまった…ということになりかねません。

実は、簡単に働けると考えてデリヘルの面接に行き、不採用続きで当てが外れて焦ってしまったり愕然としてしまう女性も案外多いようです。

どんな女性が不採用になってしまうの?

極端な話をすれば、顔が美人でスタイルが良ければ採用される確率はかなり高くなります。
結局、風俗業界は見た目が90%です。
美人でスタイルが良い女性は、お客さんの食いつきも良いですのでお店側も安心して採用できます。いくら働き方が適当だったりサービスが手抜きでも、それは面接の時点では分かりませんし、そうなるとやはりぱっと見で一番分かりやすい容姿は面接の際に一番のポイントとなってきます。
そして、愛想の良し悪しも重要なポイントです。いくら美人でも、受け答えがきちんとできない、挨拶ができない、始終無愛想な表情を浮かべて不機嫌そうにしているのでは、お客さんを不快にさせてしまいます。

少しぐらい容姿がパッとしなくても、ハキハキとした受け答えができてニコニコと愛想が良い女性は、性格が良さそうかつ仕事もしっかりこなしそうに見えますので、採用されやすくなります。

清潔感がある女性は採用されやすい!

お店側は、稼げそうな女性を採用したいと考えているのと同時に、お客さんからクレームが来そうな女性はなるべく採用したくない、と考えています。
クレームになりそうな女性というと、上記に挙げた無愛想な女性、受け答えがきちんとできない女性は無礼だと思われてクレームの対象になりがちですし、サービスが悪い女性(これは面接時にはさすがに見抜くことは難しいものですが)もクレームの対象となります。
それ以外に、不潔そうな女性もお客さんから地雷嬢認定されがちです。髪がベタっとしていてフケが散っている女性、髪がボサボサな女性、マニキュアがはげ掛けたまま気にしない女性、厚化粧でなおかつ化粧が下手な女性、服がシワだらけな女性、ニオイが気になる女性などは、不潔に見えてしまい、面接時に落とされやすくなってしまいますので、あまり気が抜けたカジュアル過ぎる格好で面接に行くのはやめた方が良いでしょう。
デートに行く時ほど気合を入れすぎなくても良いかもしれませんが、ある程度エチケットに気を使った格好で面接に行くようにしましょう。

お店の選び方を間違えない!

また、自分には不相応なお店に面接に行くと落とされる確率はもちろん高くなります。 例えば、スレンダー巨乳の美女が揃っています、と銘打っているお店にぽっちゃり体型の女性が面接に行っても確実に落とされます。

その逆もまた然りで、ぽっちゃり店にガリガリ体型の女性が面接に行っても落とされます。「自分にぴったりのお店を探しましょう」とはよく言われますが、それはお店の待遇が自分にぴったりである、というばかりではなく、お店の求める女の子のタイプに自分がぴったり、という意味でもあります。
自分が求められているジャンルのお店を狙い撃ちして面接に行けば、よっぽど無愛想で容姿も悪い、というのでなければ、大概どこかしらのお店で採用してもらえるはずです。
また、容姿に関しても、デリヘル店の面接に立て続けに何件も落ちてしまうと「どうせ私なんてブスだから…」と悲観的になってしまう女性もいるようですが、女性は化粧や髪型で印象はガラリと変わります。美人でも汚い格好をしていればブスに見えることもありますし、自分に自信がない女性でもしっかりとメイクをして髪を綺麗に整えていると美人に見えるものです。

自分の容姿に自信がない方は、一度デパートなどのコスメ売り場に行って、プロの手でメイクをしてもらってみてはいかがでしょうか。美人になるためのヒントが得られるかもしれませんよ。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP