デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

週に何日出勤が一番働きやすい働き方なの?

デリヘルで働くのと、昼職で、例えばオフィスで事務職として働くのとでは、だいぶ働き方が変わってきます。
仕事内容も全く違いますし、働く時間帯も人によっては昼夜が逆転した働き方をせざるを得ない場合も多いでしょう。
一般的な昼職の女性は、正社員や契約社員として働く場合、週5勤務の方が多いでしょうが、デリヘル嬢として働く場合は、週に何日間働く人が多いのでしょうか?

週に何日勤務のデリヘル嬢が多いの?

週に何日働くのか、という点については、はっきり言ってデリヘル嬢それぞれです。例えば、どうしても短期間で大金を手にしたい、というデリヘル嬢は、それこそ月に1〜2日しか休まずに、連日7〜8時間も働き続ける場合もあります。
また、学校や昼職と掛け持ちをしているデリヘル嬢は、逆に週に1〜2日、月に2回程度、どうしてもお金がない時にだけ働く…という働き方をしているデリヘル嬢もいます。そう言うと「デリヘル店は働いている女のコの都合が良い日に働ける」と勘違いしてしまう女性もいますが、それもデリヘル店によって全く待遇は違います。
本当に、女のコ都合で好きな日数、好きな時間で働かせてくれるというお店もありますし、逆に週に何日、何時間以上働かないデリヘル嬢はクビにする、という縛りが厳しいお店もあります。しかし、店舗型風俗店と比較すると、デリヘルを含む出張型風俗店では、お店に所属するデリヘル嬢が何人いても特に営業の妨げにはならず、風俗嬢に支払う賃金も完全出来高制で、悪い言い方をすればそのデリヘル嬢がお茶を引こうともお店には損害はでませんので、縛りが緩めなお店が多いことは確かでしょう。

ガッツリ働きたくても、自分の体調と相談して働こう

「短期間でいくら稼ぎたい」という目標がある場合は特に、頑張って連勤して働くデリヘル嬢もいるかと思いますが、デリヘル嬢のお仕事は体力勝負です。
稼ぎたい気持ちで焦るばかりに、自分の体力を顧みない働き方をしてしまうと、体調を壊してしまいます。
疲れが溜まると免疫力が低下し、性病にかかりやすくなりますし、1日に何人ものお客さんをとっていると、性器や乳首が炎症を起こしたり、痛みを持ってしまうことも。無理をしすぎないように、週に2日程度はやはり休みを取って、体を労わるようにしてあげたほうが、結果的に効率的に働けるものです。
頑張って働き続けるのは良いですが、一旦体調を崩してしまうと何日も休まなければならなくなったり、病院代や薬代が高くついてしまったり…ということにもなりかねません。そうならないためにも日頃から少しゆとりのある生活をしておいたほうが良いのではないでしょうか。
デリヘル嬢一本で生活費を稼いでいる女性の中で一番多いのが週4勤務の女性。昼職でフル勤で働いている女性に比べて、週に働く日数が1日少ない働き方ですが、体力的な部分と稼ぎの面の両方を考えると、週4勤務がバランスが良い、と答えるデリヘル嬢は多いようです

掛け持ちデリヘル嬢は、週に2日が最適?

昼職や学業と平行してデリヘル嬢として働く掛け持ちデリヘル嬢だと、週2日勤務がちょうど良いと感じている女性が多いようです。
あまり何日も働いてしまうと、疲れて昼職にも支障が出てしまうし、かと言って週に1日では稼ぎが物足りない。
そう考えると、週に2日出勤すれば、1ヶ月にしてみるとある程度まとまった額が稼げて、昼職や学校にも影響をあまり及ぼさない、という風に言う掛け持ち嬢の声はよく耳にします。専業デリヘル嬢として働こうと考えている方も、掛け持ちデリヘル嬢として働こうと考えている方も、参考にしてみてはいかがでしょうか。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP