デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

今年もやってきた!「五月病」の季節をやり過ごすための方法は?

毎年、春になると、なんだか憂鬱になってしまったり、体調不良、体のだるさを訴える人がとても多くなります。
それらは一般的に「五月病」と呼ばれていますが、デリヘル嬢の中にもこの五月病に悩まされている人は多いのではないでしょうか。
特に4月、やる気に満ち溢れて新しい学校や新しい会社に通い始めて新生活をスタートさせた人の中には、5月に入ると何もかもがイヤになってしまう、というような人は多数いるようです。

しかし、それまでと同じような生活を送っている人の中にも五月病になってしまうデリヘル嬢はいますので、環境に変化がないから自分には無関係だと思わずに、春はちょっと警戒しておいた方が良いかもしれません。

五月病になりやすいデリヘル嬢ってどんなタイプ?

五月病になりやすいタイプとはどのような性格のデリヘル嬢なのか、ご存知でしょうか?それを覚えておくことで、五月病に陥ってしまうことを回避することが可能となります。
頭の片隅に入れておいてはいかがでしょうか。 まず、五月病になりやすいタイプのデリヘル嬢は、ストレスをためやすかったり、几帳面だったり、また完璧主義だったり責任感が強かったり、ついつい我慢してしまう傾向にあるこ とが多いようです。

また、新生活を始めるにあたってハリキリ過ぎてしまうと、途中で壁に突き当たった時にいっぱいいっぱいになってパンクしてしまう可能性もあります。 さらに、生活リズムが不規則になったり、体力的に負荷をかけすぎてしまったりすると、 それによって精神的にも圧迫されてしまうこともあります。

五月病にならないようにするためにデリヘル嬢は気をつけたいことは?

五月病にならないためには、自分に負荷をかけすぎないようにすることが大切です。
特に昼間は大学に通いながら、または昼職でも働きながら、夜間や土日にデリヘルで働いている兼業デリヘル嬢は、生活が不規則になったり、睡眠時間がきちんと取れなかったり、 体に 無理をさせてしまいがちです。

4月から新しい生活を始めて、生活の足しにしようと学業や昼職と夜のデリヘルのお仕事、二足のわらじで頑張っている人は、最初から飛ばしすぎてしまうと、途中で疲労が溜まってきて、気持ち的にも打ち込んでしまったりするものです。
4月、全力疾走でスタートし、走り続けていても、5月の頭にはゴールデンウィークの大型連休を挟みます。そこで一息ついて気が緩んでしまうと、それまで溜め込んできた疲れがどっと出てしまい、それが引き金になって五月病を発症してしまうデリヘル嬢は多いようです。五月病になってしまうと、デリヘルのお仕事をしていても、どこか上の空なサービスになってしまい、お客さんに十分に満足してもらえない結果になってしまいます。
4月から新生活を始めたばかりのデリヘル嬢は、生活スタイルががらりと変わってしまっていることも多くそれだけでもストレスになりやすいものですから、あまり無理をせずに若干の余裕を持って生活をするように最初から心がけておいた方が良いでしょう。

常に気持ちに余裕を持って生活できるように、また睡眠時間が削られたり、栄養が偏ったりしないように、健康的な日常生活を心がけるようにしましょう。体調が優れないと、メンタルも不調になりやすいものです。新生活を始めたわけではないデリヘル嬢も、春は気候の変動が激しく、それだけでも体調を崩しがちに乗りやすいものです。体調を崩せばメンタルも暗くなりがちですので、春先の体調管理はいつも以上に気をつけるようにしてください。

たかが5月病、でも酷くなったら病院へ!

5月の憂鬱な気分なんてたかが5月病…とたかをくくっていると、いつのまにかそれが悪化 して、鬱になってしまうこともあるようです。
あまりにも気分が優れない日が続いたり、症状が悪化してるような気がしたら、一人で悩まずに病院へ行った方がいいかもしれません 。

6月になっても、7月になっても五月病が続いている…という時には、それはもう五月病ではなく別の精神疾患かもしれません。自己判断ではなく、専門家の意見を仰ぐべきでしょ う。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP