デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

5月は紫外線量がアップ!デリヘル嬢は、お肌だけではなく髪にも紫外線対策を

5月になると、太陽が燦々と降り注ぎ、日によっては30度近くまで気温が上がるような日もあります。日差しが強くなってくると、 気になるのは UV ケアについて。
お肌には日焼け止めを塗ってケアは万全なデリヘル嬢も、実は髪の毛には何の対策もしていないという場合 が多いのではないでしょうか。
髪は女の命と言いますが、人一倍美意識を高く持たなければならないデリヘル嬢は、髪の ケアにも力を入れましょう。特に、5月から8月にかけては一年の中でも紫外線量が増える時期と言われています。髪の毛にもUV対策をするようにしましょう。

5月からの紫外線量増加で髪がボロボロに…!?

紫外線量が増えてくる5月、何の対策もしないまま、太陽の光の下をふらふら出歩いていると、紫外線が 紙を痛めつけてしまいます。
紫外線には UVAとUVBの2種類があり、特にUVAは、お肌の老化の原因の80%近くはこれによるものだと言われています。
UVAは、肌表面ばかりではなく、肌の奥深くにまで影響を及ぼしますが、それと同じ現象が髪にも起きます。UVAからのダメージは、髪の奥深くにまで及ぶものなのです。
UVAからのダメージを受けた髪は、 髪が乾燥してパサついたり、カラーの色合いがくすんでしまったり、 枝毛や切れ毛が多くなったりします。そうなってしまうと、美しいツヤ髪とは程遠いものになっ てしまいます。髪の毛は、タンパク質の一種でできていますが、紫外線はこのタンパク質を分解してしまう働きを持っているのです。
また、紫外線が頭皮に与える影響も忘れてはなりません。 頭皮が紫外線によってダメージを受け、 毛根が傷んでしまうと、髪が細くなってしまったり、 白髪の原因になってしまう可能性もあります。
髪が傷んでいると、ヘアスタイルが決まらないばかりか、不潔っぽく見えてしまったり、老けて見える原因にもなってしまい、デリヘル嬢にとって百害あって一利なしです。

美しい髪を守るためのUV ケア方法

美しいツヤ髪をキープしたいデリヘル嬢は、お肌のケアと合わせて髪のケアも怠らないようにしましょう。外を長時間歩く時には、必ず帽子をかぶるようにしましょう。帽子はなるべくつばが広いものが良いでしょう。また、髪が広がって太陽の光にさらされないようにまとめてアップにしたりするのも効果的です。それだけでも、髪に与えるダメージはかなり軽減できますが、もっときちんとケアをしたいという方は、髪の毛にも日焼け止めを使うようにしましょう。最近では、肌にも髪にも使えるスプレータイプの日焼け止めが販売されておりますので、そういったものを利用すれば手軽にケアすることができます。 さらに、シャンプーやトリートメントにも UV ケアができるものがありますので、そういったものに切り替えるのも一つの手です。
ただし、どれだけ気をつけていても、日中に外を歩くのであれば、紫外線を完璧にカットするのはまず不可能です。
どれだけ気をつけていたとしても、若干のダメージは避けられないものです。ダメージを受けてしまった髪は、日焼けしてしまった肌と同じく、キューティクルはささくれだち、乾燥して水分を失ってしまった状態になっています。定期的にパックをしたり、美容液でトリートメントしてあげることにより、髪の内部にまでうるおいを浸透させて、キューティクルをケアするようにしましょう。

曇りの日でも、気を抜かないように。例え曇っていても、薄曇り程度であれば、紫外線は90%近くも地上にまで降り注いでしまっているとのことです。事務所からお客さんの待つホテルや自宅に向かう際には、髪型が崩れるのが気になるという方もいるかもしれませんが、なるべく帽子を被るようにしたほうが良いかもしれません。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP