デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

春から夏にかけてはデリヘル嬢にとって稼ぎやすい季節? 稼ぎにくい季節?

デリヘルにも、稼げる季節と稼げない季節というものがあります。一般的には、デリヘル店 を一番稼げる時期というのは、8月と12月と言われており、逆に稼げない季節は2月3月と言 われています。
それでは、春から夏にかけての4月、5月、6月は、デリヘル嬢が稼げる季節 なのでしょうか? それとも稼げない季節なのでしょうか?
特に、短期でバリバリ働いてし っかり稼ぎたいと考えている短期集中型のデリヘル嬢は、わざわざ稼ぎたい季節にデリヘル で働いても、あまり意味がありません。せっかく働くなら、しっかり稼げる季節に働きたい ものです。

4月、5月、6月にデリヘルで働くメリットとは?

4月、5月、6月にデリヘルで働くメリットとしては、新年度の始まりに環境の変化などでス トレスを溜め込んだ男性が、ストレス発散としてデリヘルで遊ぶ機会が増える可能性が高い 、という点でしょうか。
よく、五月病といいますが、5月には新年度で張り切りすぎてガス 欠になってしまった人が、なんだか憂鬱な気持ちになってしまったり、やる気が起きなかっ たり、という症状に見舞われたりします。そこまで落ち込まなくても、5月にはちょっとペ ースダウンしてしまう人が多い中で、ちょっと気分転換したいという男性や、誰かに甘えた いという男性がデリヘルに遊びに来ることが多いようです。
疲れた気持ちと体をデリヘル 嬢に癒してもらいたい男性はたくさんいます。 また、この季節は新人デリヘル嬢が増える季節でもありますので、新人食いのお客さんはそ れを目当てに遊びに行きます。 そして6月は、梅雨の時期に差し掛かり、ぐずついた冴えない天気の日が多くなります。そ んな日には、あまり外を出歩かずに、ホテルでデリヘル嬢とゆったり遊びたいと考える男性 は多いものです。
そういった点から見ても、12月や8月ほどの忙しさはないものの、4月、5月、6月のデリヘ ルもそこそこ稼ぎやすい時期だと言えるのではないでしょうか。

4月、5月、6月にデリヘルで働くデメリットとは?

4月から6月にかけてデリヘルで働くデメリットとは、兼業で働いているデリヘル嬢は頑張 りすぎて疲れてしまいやすいという点が挙げられます。
大学や昼職のお仕事と兼業してデリ ヘル嬢をしている女性は、稼ぎたい気持ちが先走ってしまい、ついつい無理をしすぎて疲労 が溜まり、気が付いたら五月病になってしまっていた、ということは少なくないようです。 また、この時期は特別稼げないという時期ではないのですが、ただしライバルも多い時期だ と考えた方がいいでしょう。
春は新生活の始まりのシーズンですが、 新しい会社で働き始 める人、新しい学校で学び始める人が、生活の足しにするためにデリヘルで働き始めること は珍しくありません。
デリヘルで働くことの利点は、短時間勤務でもまとまった額のお金が 手に入るということです。コンビニやスーパーで働くのと比較して、その何倍も手っ取り早 く稼げるわけですから、デリヘルで働こうと考える女性は 後を絶ちません。
そんな中で、 少しでも売れっ子デリヘル嬢になるために、どうやってライバル嬢に差をつければいいのか と四苦八苦していかなければならないのですから、なかなか大変です。もちろん、デリヘル 店で働く女性の絶対数が増える季節ですから、その分若くて可愛い、レベルの高い女性もた くさん入ってきます。

この時期のデリヘル店はそこそこ稼げる

上記のようなメリット・デメリットから考えてみても、4月、5月、6月のデリヘル店はそこ そこ稼げるのではないでしょうか。
少なくても、その辺のスーパーやコンビニで働くよりは 何倍も稼げることでしょう。 これまで風俗で働くことなど視野に入れていなかった、とい う女性も、 是非考えを改めてみてはいかがでしょうか。
デリヘル店の中には、完全自由出 勤のお店も多く、時間の融通が聴きやすいという利点もありますので、新年度でとても忙し いけれどちょっとお小遣い稼ぎがしたいという方にもぴったりの副業です。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP