デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

梅雨の時期のボサボサ髪が気になるデリヘル嬢のヘアケア方法

普段から、シャワー時やお風呂場でのプレイ時に湿度で髪がボサボサになって気になってしまう、というデリヘル嬢は多いようですが、特に髪のボサボサが気になる季節は、やはり梅雨の時期ではないでしょうか。
連日雨が続く梅雨の時期は、いくらお仕事前に髪を梳かしてセットしても、ちょっと外に出ただけですぐに切れ毛がはねてボサボサになってしまうものです。
湿度が高くなると、髪の持つクセが顕著に現れ、うねりやはねといった状態が出てきてしまいます。
サラサラのストレートヘアは女性らしさのある美しい髪の象徴です。髪が綺麗な女性は、それだけでも綺麗に、清潔に見えるものです。
梅雨の時期にも、くせ毛を気にせず美しい髪の状態を保ちたいものですね。湿気が多い中でも上手に髪をセットすれば、くせ毛を気にせずにお仕事に集中できます。

梅雨の時期には、どうして髪が広がってしまうのか

どうして梅雨の時期やお風呂場など、湿度が高い場所では髪がボサボサになってしまうのでしょうか。
理由は、髪が空気中の湿気に含まれる水分を吸い込んでしまい、髪が膨張してしまうためです。
髪は、およそ11%から16%程度、水分を含有していると言われていますが、湿度が高い場合、空気中の水分を吸い込んだ髪が膨張し、うねりが生じてしまうとのことです。
傷んだ髪は、髪を形成する成分のうちたんぱく質が不足してしまい、髪の内部構造がいびつな状態となってしまい、更に髪のうねりやくせが出てしまうようです。

湿気が多い状態の中でストレートな美しい髪を保つためには?

まっすぐで美しい髪の状態を保ちたい場合、重要となってくるのは髪を乾かす方法です。
お風呂で髪を洗ったときに、髪を濡れた状態で放置するのはご法度です。
髪は、お風呂から出たらすぐに乾かすようにしましょう。
髪をドライヤーで乾かす際には、温風を当てる方向に注意してください。下から吹き上げるようにして乾かしてしまうと、髪がますます広がってしまいますので、必ず上から下にドライヤーの風を当てるようにして乾かすようにしましょう。
髪が少し乾いてきたら、ヘアオイル等を毛先を中心に馴染ませ、更に乾かしていきます。80%程度、髪が乾いてきたら、今度はドライヤーを温風から冷風に切り替えて、仕上げをしていきます。髪が完全に乾くまで、しっかりと乾かしていきましょう。
髪が完全に乾いたところでコームで丁寧にブラッシングをします。 お仕事前に髪をセットする際には、髪のハネやうねりを防いでセットした形状をキープするために、セミハードタイプのスプレーなどを使います。それによって、髪の表面をコーティングして、髪の傷んだ部分から水分を吸収して髪が膨張するのを防ぐことができるようです。
オーガニック素材でトリートメントができるヘアワックス等も最近では販売されていますので、そういったもので髪をコーティングして重みをつけることによっても髪の広がりを防ぐことができますが、オイルやトリートメント、ワックス等を根元までつけ過ぎてしまうと、今度は髪がベッタリと張り付いてしましますので気をつけて下さい。

お仕事先で髪が広がってしまったときの緊急対処法は?

お仕事先で、ヘアワックスなどがないけれど髪がボサボサになってしまったときの緊急対処法としては、ハンドクリームを使う、という手段が挙げられます。
ハンドクリームには油分が含まれており、ヘアワックスほどではありませんが、髪のうねりやハネを抑えることができます。
ヘアワックスを持ち歩く人は少ないかもしれませんが、ハンドクリームなら女性ならいつも持ち歩いているというデリヘル嬢は多いと思いますので、緊急事態の場合にはぜひお試しください。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP