デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

外歩きが多いデリヘル嬢が夏場は特に持っておきたい「日傘」

地方のデリヘル嬢は、事務所とホテルの移動には車移動の場合が多いですが、電車の交通の便が良く、更にほとんどが事務所近隣のホテル街にしか出ることがない都会のデリヘル嬢の場合には、電車移動が多くなる場合もあります。

車移動の場合は、車の窓ガラスにUVカットがしてあったり、車の窓ガラスに日除けシートを貼ったりできるため、そこまで夏の日差しを気にする必要もありませんが、電車と徒歩による移動が多いデリヘル嬢は、夏場は特に日焼けに気をつけたいところです。
日焼けをしてしまうと、私たちのお肌は紫外線によるダメージを受けてしまいます。
紫外線によるダメージを受けると、お肌の老化の原因となってしまい、シミやシワが増えやすくなってしまいます。
外出時には、必ず日焼け止めや日焼け止め成分の入った化粧品を使用して紫外線対策している、というデリヘル嬢は多いでしょうが、それだけでは不十分です。特に、長時間外をウロウロしなければならない都会のデリヘル嬢は、日焼け止めだけでは日焼けを防ぎきることはなかなか難しいでしょう。

デリヘル嬢が持っておきたい、とっておきのUV対策グッズ「日傘」

最近では、街を歩くと日傘を持っている女性の数がとても増えました。
美白ブームの昨今、日傘は美肌を気にする女子のマストアイテムですから、デリヘル嬢のみなさんもぜひ持ち歩くようにしてもらいたいものです。

年中日傘を持ち歩くなんて邪魔くさい…なんて思わずに、美肌のためと思って持ち歩いてください。折りたたみができる日傘や、超軽量日傘もありますので、そういったものを上手に利用してみてはいかがでしょうか。
日傘のメリットは、日焼け対策だけではなく、熱射病対策にもなります。真夏の炎天下の下では、日傘をさしているのといないのとでは-5度から-10度程度も体感温度は変わってくると言われています。

日傘を購入する際に注意したいことは?

日傘を購入する際には、何点か注意したいことがあります。
まずは、遮光率について。日傘は、単純に傘をさせば良いというものではありません。
日傘には遮光率があり、遮光率90%程度のものがあれば、99.9%のものもあります。紫外線の対策として考えるなら、遮光率がより高いものを選びましょう。
「90%も遮光率があるのであれば、それで十分なのでは?」とお考えのデリヘル嬢もいるかもしれませんが、実は90%と99.9%では遮光率にだいぶ差が出てしまいます。
なお、99%以上遮光率の日傘は「遮光傘」、そして99.9%以上の遮光率の傘は「1級遮光率」という表示ができる、商品ラベル等に表記されている場合が多いので、購入の際に参考にすると良いでしょう。
また、同じ遮光率のパーセンテージが書いてあっても、日傘の色によってまた遮光率に差が出てしまうとのことです。できるだけ濃い色の日傘の方が、紫外線対策としては良いようです。

日傘の内側にシルバーコーティングがしてある日傘は選ばない!

もう一つ、日傘を購入する際に注意したいことは、日傘の内側にシルバーのコーティングがしてある日傘を選ばないようにする、ということです。シルバーのコーティングがしてあると、顔が明るく血色良く見えるから、という理由でシルバーコーティングがしてある日傘をチョイスする方もいるようですが、確かに顔は明るく見えますが、実はそれは日傘のシルバーコーティングが光を集めてしまっている証拠でもあります。
せっかく紫外線対策のために日傘をさしているのに、照り返しの紫外線を集めてしまいます。
日傘をさしていたとしても、照り返しの紫外線はどうしてもカットできません。通常の道路では約10%、砂浜の上などでは約25%もの紫外線が照り返しとして反射してきてしまいますが、内側がシルバーコーティングされている日傘をさしていると、その照り返しの紫外線を集めてしまうとのことです。
シルバーコーティングは、外側にしてあり、内側は黒などの濃い色になっている日傘を選ぶようにすると良いようです。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP