デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

写メ日記のネタがない!そんなときは…

デリヘルでは仕事の一貫として「写メ日記」を書いていますよね。写メ日記を書くことにより仕事に繋がりやすくなる。
しかし、毎日写メ日記を書いていると「ネタが無い…」に辿り着くことはありませんか?
今回は、写メ日記のネタがなく悩んでいるデリヘル嬢に向けて解消法を紹介します。

写メ日記の重要性

風俗の写メ日記は強大な営業手段として利用するものです。

◇新規客の獲得
◇顧客の販促
◇リピーターのキープ

使い方次第では強力な営業となり、風俗嬢にとって「写メ日記を投稿しない=稼げない」という状況になります。しかし、どんな日記でも良いのかと言うとそうではありません。閲覧する男性にどう思われるのかが重要ですから、写メ日記の内容を分け、自分に合う・合わないを把握することが大切です。

写メ日記の内容を分ける

「写メ日記を投稿する際、「日常系」と「仕事系」に内容が分かれます。

◇「日常系写メ日記」メリット・デメリット
食事やショッピングに行った。ネイルや美容。日常生活の風景。を投稿すると、自分と同じ趣味をもつ顧客に繋がりやすい、身近に感じれる、顧客からのウケは非常に良い。というメリットがあります。一方、マンネリ化、身バレの危険性、男性には興味がない。というデメリット。 多彩な趣味をもつ女性であれば毎日書けば、ものすごいアクセス数を産む可能性がありますが、そうでないなら書く内容が偏るなど、個人情報流出も秘めています。

◇「仕事系写メ日記」メリット・デメリット
出勤予定や出勤しました。接客したお客さんにお礼。二人にしか知らない内容。を投稿すると、サービス内容など良質な嬢とアピールできる、お客さん同士の競争心をくすぐる、身バレの危険性が無い。というメリットがあります。一方で、全員に同様お礼、暇なことがバレる、新規客は引く可能性、リピーターがヤキモチ。というデメリット。
ネタ探しはしなくていいが、仕事内容だから読まないという人もいます。

どちらにしても、メリットとデメリットは存在しますが、自分に合った写メ日記を投稿する方が良いでしょう。 ちなみに、日常系の写メ日記は依存性があり、その時に流行っている物や言葉に便乗したことを投稿すると、顧客との会話が盛り上がることが多いようです。 お客さんは、高確率で写メ日記を見てから予約します。ですので、写メ日記の内容にボリュームがあればあるだけ集客に向きます。

写メ日記ネタがとにかく無いという方

日常系の写メ日記で自分の趣味を全面に出すと、文章能力やネタに欠ける問題がでてきます。 そういうときは決まったお題を用意するという方法が有効的です。たとえば、「天気」「趣味」「ニュース」「旅行」「友達」「家庭」「健康」「下ネタ」「ファッション」「食べ物」 です。

文章能力は書き続けることで面白い文章になっていきます。文章が苦手であれば写真で挑むのが一番ラク。それこそ、日頃からエッチな写メ日記を投稿し続けるのもアリです。

いかがでしたでしょうか。
写メ日記はちょっと掘り起こすとたくさん書くことが出てきます。写メ日記のネタがないと言うデリヘル嬢は、上記を参考にしてみて下さいね!

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP