デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

デリヘル、他店と掛け持ちがダメな理由

デリヘル嬢の中には他の風俗業種や他店と掛け持ちして、一気に高収入を得たいと働く女性がいる。

確かに、業種を分けることで稼ぎやすくなったり、稼げる時期のお店を選べたり、稼ぎが増える分目標達成が早くなるなどのメリットはあります。
しかし、風俗業界基本的に掛け持ちNGです。上手く考え調節できるデリヘル嬢であれば問題ないが、掛け持ちは身バレの危険性がある。そのことをデリヘル店は理解している為、掛け持ちを禁止しています。

掛け持ちOK

もちろん、昼職との掛け持ちはOKです!
ただ、生活リズムが崩れてしまい昼職に影響が出てしまっては意味がないので昼職のシフトを伝え、デリヘルは週何日出勤にするかなどの内容を面接時にしっかり伝えることで、自分に合った勤務方法をお店によっては考えてくれます。
「アリバイ対策」「身バレ防止」「働き方」など、計画的にアドバイスをしてくれるデリヘル店であれば信頼できるお店の証拠。

掛け持ちNG

続いて、風俗と風俗の掛け持ちですが、原則禁止のデリヘル店が多いです!
求人に「掛け持ちOK」と掲載しているデリヘル店も増えてきましたが、実際にはダメなお店が多い。風俗と風俗の掛け持ちを許可していない背景には様々な理由があります。

◇売り上げの減少
◇顧客の減少・流出
◇女性が他店へ引き抜き
◇自店情報漏れ

掛け持ちをすることによって、これらのデメリットが発生する為、多くのデルヘル店が他店風俗への掛け持ちを嫌がる理由になります。
しかし、デリヘル店にとってはデメリットはあるものの、女性側としてはどうでしょうか。冒頭でも書いたように、掛け持ちをすると様々なチャンスがある代わりにデメリットも増えます。

◇身バレの確率が上がる
◇源氏名が代わり面倒
◇掛け持ちがバレたらクビ・罰金

これらのデメリットが発生してしまうデリヘル嬢は決まって、何も考えずに計画性がない女性の可能性が高いでしょう。
どうしても、風俗と風俗で掛け持ちするのであれば、業種を変えて稼げる時間帯に稼げる業種と掛け持ちをしましょう。同業だと、稼げていない女性は、どこに行っても稼げない傾向にあるので、接客など改める方法が早いです。

どうしても掛け持ちしたいなら

何がなんでも掛け持ちする場合は、徹底的に身バレしないように備えましょう!

◇稼げるお店で稼げる時間帯に出勤
◇パネル写真は全て別
◇写メ日記はやらない
◇源氏名を変える
◇なるべく顧客へ連絡先は教えない
◇スリーサイズを全店変える

掛け持ちはたしかに幅広く稼げますが、上手く調節できなければトラブルになります。
どんな風俗業種へ行っても顧客を呼べたり、サービスが飛び抜ける程良いのであれば、掛け持ちしても良いのではないでしょうか。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP