デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

牛丼好きデリヘル嬢必見!低カロリーに抑える方法

今や全国どこにでもある牛丼チェーン店。24時間営業の牛丼屋が多く、手頃な価格からお仕事終わりに店舗で食べたり、お持ち帰りしたことはあるでしょう。しかし、体型維持やダイエット中のデリヘル嬢にとって、牛丼は高カロリーのイメージがあり積極的に食べたくない存在ですが、少し工夫して食べると食事制限による栄養不足を補うことが出来ます。そこで今回はダイエット中に牛丼を食べる時のコツを紹介します。

トッピングに注意する

牛丼のカロリーは並盛り、大盛りなどの量やトッピングによって変わってきますが、普段から運動していない風俗嬢は一般的な量を食べると、1日に必要なカロリーをオーバーしてしまう可能性があります。なので、牛丼を食べたその日は他の食事で調節することです。

ダイエット中の人に注目してもらいたいトッピングは「キムチ」です。納豆と同じ発酵食品で、唐辛子には脂肪の分解を促進してくれる効果があり「カプサイシン」が含まれています。またキムチには、乳酸菌が豊富で整腸作用があり、ダイエットに重要なお通じを助ける食品であり摂取することで、便秘改善にも繋がります。

牛丼の「つゆ」に注意する

ご飯に染み込んだ牛丼の“つゆ”は、牛肉を煮たつゆで脂質・糖質がたっぷりと含まれていて高カロリーです。
お店によって注文の際に「つゆ抜き」と伝えれば、つゆを入れずに盛ってくれるので、少しでもカロリーを減らしたい時は利用するといいでしょう。
また、ご飯に“つゆ”が含まれていると、あまり噛まなくても飲み込めるので満腹中枢が刺激されず食べ終えても「物足りない」と感じることが多いのですが、つゆ無しで頼めばしっかり噛まないといけないので、そしゃく回数も増えて満足感も得ることが出来ます。

栄養不足に要注意!

1日の摂取カロリーを減らして体重を落とそうとするダイエットは、3食のうち1食を抜いたりバランスの悪い食生活になりがちですので、「たんぱく質、炭水化物を摂取する」など、体調変化への対策をとるほうがいいこともあります。

◯「ミニサイズにしてサイドメニューに味噌汁とサラダをつけてバランス良く食べる」
◯「栄養価が高い卵でも高カロリーのトッピンングには注意する」
◯「お通じ良くするために、発酵食品であるキムチや納豆をトッピングする」

など、工夫次第でダイエット中でも安心して食べられる主食になりますが、摂取カロリーが多いので「お昼に牛食べたら、晩御飯を少なめにする」などテクニックが必要ですし、いくら美容のためとはいっても、極端に食事制限をする無理なダイエットをしては身体を壊しては意味がないので、健康的に痩せることを目標にしましょう。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP