デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

激安・高級デリヘル店の客層について

風俗で働くと気になるのが客層です。
デリヘルには激安から高級までランク分けされています。貴賓で教養がある男性客なら大きなトラブルも少なく、気楽に働ける。しかし、客層が良いからといっても働きやすく稼げるとは限りません。
今回は、デリヘル店のランクと客層について特集していきます。

お店のランクと客層は大きく関係している

風俗デリヘルは、サービス料金に応じランクが違います。
激安店、格安店、大衆店、高級店と分かれます。当然、料金が高くなるほどプレイ時間は長くなり、プレイ内容も濃くなります。料金が高い高級店は主に裕福層が占めています。裕福層は資産家や会社経営者が中心。一方、激安店や格安店には肉体労働など低所得者の男性達が主に利用しています。

激安店には若い男性客が多い

激安店はその名の通り安価で利用できるところが魅力的。収入がそれほど多くない若い男性に需要があり、中年男性より若い男性を接客したいのであれば、激安店で働くと良いでしょう。 ただ、もちろん若い男性客ばかりではなく、中年男性も利用していますし低収入や不安定な男性もいる。 また、男性客も激安店には高レベルな女性はいないと期待していないので、女性側もどんな評価をされるのか気にせず働けるメリットはあります。男性客は短時間でプレイを済ませるだけで良いと考える人が多いです。 しかし、若い男性客が多いため、体力がある人が多いことから激しいプレイを好みます。そんな客層を相手にした場合、体力には気をつけましょう。

高級店は裕福層の男性客が多いが…

高級店を利用する男性客は、やはり社会的地位が高い人達。やはり経営者などのお金もちでないと高級店を頻繁に利用しないでしょう。

しかし、お金もちは紳士的で女性に気配りしてくる人ももちろん多いのですが、お金を持っているから好きなことをし放題と考える厄介な男性客もいます。デリヘル嬢にもお店のスタッフにも偉そうな態度を取るので、嫌われてしまうことも。ただお金は渋らないので、精神的に耐えられれば「お金の」ためと割り切り接客するのもいいでしょう。

いかがでしたでしょうか。
風俗デリヘル店では、お店にランクなどによって客層が違います。サービス料金に応じて客層も変化する。
サービス料金が高ければ客層も良く、サービス料金が低ければ客層も悪くなります。しかし、客層が良い高級店で働けば楽に稼げるというわけではありません。経営者など高位の役職にある男性客は、普段命令することに慣れているため、自分の思い通りにならないと激怒する傾向にあります。更に、高級店では集客も厳しいため、リピーターを掴めないと稼げない可能性もあります。
デリヘルで客入りが良いのは、格安店です。稼ぎを重視するなら、客層にこだわらず、集客力のあるデリヘル店から選ぶべきでしょう。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP