デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

年金でデリヘルを利用する高齢者客

平均寿命が伸びた最近の高齢者は昔と比べて元気です。 数十年前は、70歳というと凄いおじいちゃんという感じでしたが、現在の70歳はまだまだおじいちゃん化していない。歳を取っても元気なことはとても良いこと。そうなると性欲も元気。なので、最近は風俗を利用する高齢者も増えているのだそう。
高齢者は、2ヶ月に1度年金がもらえます。その年金をもらった日や次の日には、高齢者の割合が増すデリヘル店も多いので、やはり高齢者の風俗利用が増えてるのは嘘ではないようです。

新たな今後の風俗業界

約10年前から高齢者向けのデリヘル店は出店し始めました。
中には高齢者だけをターゲットにするデリヘル店もあるほどで、風俗業界に新たな風を送ってきているようです 。

高齢者向けのデリヘル店では、働く女性の容姿や年齢はあまり求めていません。普通のデリヘル店だと30歳過ぎるとオバさんと見られますが、高齢者向けだとそんなことがないのです。また、普通のお店で容姿がよくないと指名がつかないところ、高齢者向けならその部分も問題ない。

それに、男性客に中には十分に勃起しなかったり、射精までならない人もいるため、接客もそこまで体力を遣わずに済むのだとか。もちろんハードプレイは要求してこないし、本番強要もしてくる高齢者もいないので、普通のデリヘル店より働きやすいというデリヘル嬢も多いそうです。

若い肌に触れているだけで良い高齢者

上記でも書いたように、高齢者向けデリヘル店では年齢や容姿は関係ないため、他のデルヘル店であまり稼げなかった女性にとっては高齢者向けデリヘル店は好都合。
高齢者は基本的に、若い女性の肌に触れたいという願望があります。射精に導かせなくとも、咥えるだけで満足してくれる男性客も多く、しつこくなく、乱暴もしません。これも働きやすいという理由の一つのようです。

少子高齢化時代の性産業

日本は高齢化社会ですので、今後もさらに高齢者が増えてきます。デリヘル嬢も高齢者を相手にした方が稼げる時代になるかもしれません。 また、デリヘルを利用する高齢者は60代後半から70歳前半が多い。たまに80歳近い年齢の人も利用するようです。

高齢になってくると、足腰が弱ってくるので店舗がある風俗店に足を運ぶのはキツイようなので、デリヘルで自宅にデリヘル嬢を呼ぶケースが多いことがわかりました。
この高齢者向け風俗店は、最近ブームらしくチェーン店もあるほど。またコースには、ただお茶やお食事をするだけのデートコースもあるようです。要するに、若い女性と一緒に時間を過ごせばそれで満足ということのようです。

しかし、高齢向けにももちろん射精コースまであるので、何か事故がおこってしまうかと不安になりますね。今のところそのようなトラブルは起きていないようなので、行政も対策を取っていませんが、そのうち何か指導がある可能性はあるでしょう。

あまり世間には出てきていませんが、高齢者向けデリヘルは、これから大きな性産業として成長していくような気がします。
高齢者をターゲットにした風俗店は、ますます増えてくることは間違いないでしょう。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP