デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

お店に必要とされるデリヘル嬢とは…

風俗でより高収入を稼ぐには、女性自身の実力だけでなく、お店からのサポートも必要不可欠となります。 その女性がどれだけ実力があっても、お店が全面的に売り出さない限り、新規顧客の開拓ができず収入が見込めなくなってしまうからです。では、どのように振る舞えばお店の協力を得られるようになるのでしょうか。
今回はその方法に関係する、お店にとって必要とされる風俗嬢とそうでない風俗嬢についてご紹介します。

風俗店にとって必要な風俗嬢

風俗店が女性に求めることは、利益を多くもたせてくれるかどうか。
この利益は様々な風俗店側と風俗嬢側で見解が分かれますが、とにかくキャストが考えることは、本指名客がどれだけいるかということ。
新規客ではなく、何度も指名してくれているお客さんがどのくらいいるかがその風俗嬢の価値になります。
風俗店にとって、新規客が本指名として返してくれれば大きな利益となるのです。
新規のお客さんを本指名で返せるか返せないかによって、その風俗嬢のランク付けがされる。もちろん価値というのは本指名以外にも様々な要素で決定されますが、横暴な態度やワガママが許されるのは本指名が多い風俗嬢になります。

お店のスタッフも店長やオーナーから「本指名の取れる女の子は優遇すること」と業務命令を受けている場合が多い。
風俗にとってその風俗嬢を優遇することでどれだけの利益があるかどうか重要になっていると言えるでしょう。

風俗店から嫌われる風俗嬢

風俗店にとって需要がないと判断された風俗嬢はお店から雑に扱われる事が多くなります。
デリヘルの場合ですと、他の風俗嬢へ相乗りが多くなったり、フリー客を回してくれなかったりの対応をされます。それは上記で説明した通り、利益をもたらす事をしていないからと言えます。
新人期間も含め、たくさんの顧客を接客してきたのにも関わらず、本指名客が少ない風俗嬢や顧客を引っ張ってこれないのはお店からの需要が低くなります。顧客を着けても本指名を返せないのであれば、「他のキャストに回そう」と考えるのは当然です。

また、横暴な態度を取る風俗嬢も基本的に嫌われる傾向にあります。スタッフに挨拶もせず、少しでも何かあれば文句を言う風俗嬢です。
いくら仕事上の付き合いとはいえ、ランキングにも入っていない風俗嬢に横暴な態度をされたら参ってしまいます。そういった日頃から些細な積み重ねで、いつか一人もお客さんを回してくれない、いわゆる「干される」状況に陥ります。

また、お客さんとトラブルが多い風俗嬢も嫌われる傾向にあります。
風俗のお仕事はどうしても風俗嬢とお客さんのトラブルが絶えません。一般的にその原因はお客さん側にあるとされます。
しかし、接客の度にお客さんと口論になりお店に電話してくる風俗嬢もいます。こういったケースは、仕事意識が低かったり、風俗嬢として自覚が足りない人ばかり。こうなると、トラブルを解決するには間にスタッフが入り、各事情を聞き落とし所をつけるのですが、その間他のスタッフが抜けた業務をカバーします。その事から、業務が増える恐れがある風俗嬢はスタッフから、面倒だとされやすく、仕事を回されなくなるのだと言えます。

いかがでしたでしょうか。
仕事量で悩んでいるデリヘル嬢は少しでもお店の協力を得られるように、まずは勤務態度の見直しから始めましょう。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP