デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

デリヘルでガシマン客には要注意

デリヘルでお仕事をしていると、毎日いろいろなタイプのお客さんに出会うかと思います。派遣型風俗のデリヘルは現場で顔合わせをするまでどんなお客さんが来るか分からないため、ちょっと困ったお客さんが来たときの対応も心得ておく必要があります。
そのなかでも特にデリヘル嬢を困らせるのが「ガシマン客」。お仕事中、もしもガシマン客にあたってしまったらどうすればいいのでしょうか?今回は、デリヘルでも注意したいガシマン客の特徴と対応のしかたについてお話していきます。

「ガシマン客」って一体どんな客?

「ガシマン客」とは、デリヘル嬢に対してがっついて激しく愛撫をする客のことを指します。「ガシ」はがっつく、「マン」は女性器のことをさすことから、愛撫中激しくする客を「ガシマン客」と呼ばれるようになったそうです。女性器は女性にとってとても大切な部分。
ましてや身体を何より大切にしなければならないデリヘル嬢の性器に激しい刺激を受けてしまっては大きな負担となり傷がついてしまいます。
運悪くガシマン客にあたってしまった場合、本来であればもっと接客できるはずが、性器を痛めて止むを得ずお仕事をお休みしなければならないこともあります。こういった理由から、ガシマン客はデリヘル嬢に嫌われる対象となります。

ガシマン客への上手な対応は?

デリヘル嬢に嫌われるガシマン客ですが、実際にこういったお客さんにあたってしまったらどうすればいいのでしょうか?デリヘルではお金をもらっている以上、プレイを勝手に中断することはできませんし、なんだか雰囲気を壊してしまいそうで注意もしづらい...と考える女性も多いかと思います。自分の身体に傷をつけないためにも、プレイ中でも我慢をせず「ごめんなさい、もうちょっと優しくしてもらえませんか?」とストレート伝えてしまうのが一番。大抵のガシマン客はAVや漫画などをみてデリヘル嬢とのプレイに挑んでいるため、力加減が分かっていない男性がほとんど。これではお互いに気持ちよくなれないと丁寧に伝えてあげることで、今後のプレイもより良いものになるはずです!

雰囲気が壊さず注意する方法は?

思っていることをはっきり伝えることが苦手という方も中にはいるでしょう。
言葉で言いにくい場合は、こちらが攻めに徹するという方法もあります。主導権を握ることで相手は受けの体勢に入ります。デリヘル嬢という立場を利用してプレイの流れを変えるというのも一つの手段です。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP