デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

デリヘル嬢必見!連絡先交換でお給料アップを狙え!

本指名を獲得するために、日頃から様々な努力をしているデリヘル嬢は多いです。 接客や、写メ日記にお客さんの事を書いてみたり、そんな本指名獲得法で賛否両論になりやすいのが、連絡先交換です。
今回はお客さんと連絡先交換で得られるメリットとデメリット、連絡のやり取りのコツについてご紹介します。

連絡先交換のメリット

お客さんと連絡を取り合うと、デリヘル嬢からお店にきて欲しいとアプローチをかける事ができるようになります。
最初の指名から受け身のデリヘル嬢に対して、お客さんへ営業が出来るキャストはそれだけでもお給料に大きな差が出やすい。何度か連絡をしていくうちに上手くお客さんをコントロールするようになれば、不安定な稼ぎをある程度安定させることが出来ます。
「今月はお金が必要だから、たくさん営業して指名をもらおう」ということが可能になるという事です。またお客さんと連絡が取れると、本指名のお客さんが他のデリヘル嬢を指名する抑止力にもなります。
風俗を利用する男性の3分の1くらいの人は、押しに弱い傾向にあります。
「他の女の子指名したらダメだよ〜」「浮気したら悲しいよ〜」という風にメッセージを送るだけでも効果があります。
実際、本指名のお客さんが15人いて連絡先の交換をしていないと、そのうちの5〜6人のお客さんが離れていきます。そしてこれを1年間続くと、その人数はおよそ20〜40人の本指名を逃してしまう事になります。

もしこれらを連絡を取る事で未然に防ぐ事ができれば、大きなメリットになる事間違いないですよね。 本指名のお客さん1人が年に4回指名してくれるとすると、離れてしまう人とそうでない人の差が30人であればお仕事本数が年間120本。 1本1万円の仕事なら120万円もの差があるわけです。 連絡取る事で、これだけの本指名が流れていくのを抑止できるなら、かなり大きなメリットと考えられるでしょう。

連絡先交換のデメリット

連絡先の交換はもちろんメリットだけではありません。
特に仕事専用の携帯を持っていないデリヘル嬢は、プライベートのスマホを使って連絡を取り合います。最近では、SNSに電話番号を登録すると本人の情報と繋がるため、プライベートの情報がお客さんに漏れてしまう危険性があります。

また、仕事用の携帯を持っていても気をつけ無ければならない事があります。

例えば、お客さんに住んでいるところや本名をボロボロ話てしまうことです。本来、年齢や名前の一部を知られただけでは、特定される事はないのですが、小さな情報が集まれば特定される危険性が出てきます。
指名するたびに本名、住所、よく行くコンビニや周辺の店名など、徐々に情報を聞き出そうとするお客さんもいます。聞かれているデリヘル嬢は、何人ものお客さんを接客しているため、気づかないうちにどんどん個人情報を流出している可能性があります。

連絡の取り方のポイント

お客さんと連絡先交換をしたからといって、むやみに営業メールを送るのは逆効果。
というのも、お客さんに様々な事情があり頻繁に連絡されると困ります。例えば独身者なら問題ないが、既婚者の人は風俗に行った事が知られたら大変という男性もいます。それなのに、毎日頻繁に営業連絡がきたら迷惑です。

周りを気にしている人がいるという事を考え、お仕事用の携帯は男性の名前に変える事をオススメします。そうすればお客さんは周りの目を気にせず連絡のやり取りをしてくれることでしょう。

いかがでしたでしょうか。
連絡先を交換して営業することで、デリヘル嬢のお給料は大きなさが出ます。
もし、現時点のお給料に満足していない、さらに稼ぎたいのであれば、こういった営業方法からやってみることをオススメします。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP