デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

本番強要の対処法

風俗のお仕事をしているとお客さんの気持ちが盛り上がって、決められたサービス内容を超えてそれ以上の本番行為を要求してくるという可能性はないとは言いきれません。
店舗型のお店であればすぐに対応できるかとは思いますが、無店舗型のデリヘルは派遣先でサービスを行います。
そんな状況になってしまわない為にも、本番強要をされたときの対処法はあらかじめ頭にいれておく必要があります。
これといった決められた断り方はありませんが、その時の状況に応じて対処していくことがポイントです。

断る理由づけ

流されて本番強要をされないようにするためには、 相手より優位に立ち、自分がペースを握ることが重要になります。
お客さんに本番行為は絶対にしないという意思表示として、「残念ながらそこまでのサービスは行っていないんです…」「お仕事とプライベートは割り切ってるんです」など明確な理由を発言し、簡単に本番をしようなどと言えない距離感を作っておくと良いでしょう。
そのときの空気や話し方にもよりますが、あまり警戒をしすぎてお客さんを拒否してしまってもいけません。
あくまで「申し訳ない」という姿勢を見せつつしっかりと自分の意志を伝えておきましょう。
相手より優位な立場に立っていることであなたがその距離を縮めたり離したりという距離感を考えられるようになるはずです。

お客さんに考えてもらう

「今の発言で女の子を傷つけてしまったかな」「嫌いになってしまわないか」など、お客さんに考えてもらう余裕を作るということ。
YESやNOなど、ハッキリと言い切る場合は直球で相手に伝わります。
ですが、曖昧に回りくどく受け答えをして相手に考えさせるということも手段の一つです。
それでもしつこく粘ってくるお客さんがいた場合はその時はハッキリNOと言いましょう。
会話の駆け引き、お客さんの反応、また来店してもらう理由などあなた自身の感性で対応してみてください。 何らかの対処をとってもお客さんが食い下がらなかった場合は、サービス中でもお店に電話をして連絡を取りましょう。 お店側に伝えれば力になってくれるはずです。
特にデリヘルは面接や体験入店の際に強要を迫られた場合の対処法などをあらかじめ確認しておくといいかもしれません。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP