デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

デリヘルの面接で気をつけたいルール

どんな仕事でも、仕事をするときは面接するのが当たり前です。 デリヘルも同じことであり、必ず面接を受けることで働けるのか判断されます。しかし、この時に気をつけないといけない部分がいくつかあり、これを守らないと入店できない可能性があります。

服装には気をつけよう!

デリヘルは、風俗の仕事をしてもらう場所ですので、お店のオーナーが納得してくれるような状態にならないと、入店は認められません。
あまりに地味な服装をすることは好ましく思われない可能性があり、派手な服装、派手なメイクの方が好まれる業界でもあります。ですので、派手な方が入店しやすくなります。ある程度、お店のスタッフを納得させないと、肝心な外のお客さんを納得させることは出来ないので、そのために必要な格好をしていくことが大事なんです。
地味な格好で面接に行ってしまうと、店側がダメだと思ってしまうことも多く、採用されないことがあります。事前にお店のコンセプトをホームページで確認して服装を決めると良いでしょう。

NGプレイをあまり出さない

面接の中で、このようなプレイがあるが、実際にできるかという話をされることがあります。
これは出来ない、あれは出来ないとなると、採用後に指名を得ることが出来なくなったり、採用したところで稼げなくなってしまうのではないかと思われてしまうので、NGプレイについてはあまり多く出さないようにすることが良いでしょう。
NGが多いと、男性のメリットが少なくなりますし、やはり指名を多く得たいと思っている店側からすると、あまりよくないでしょう。ただ、どうしてもNGにしたいプレイは仕方がありませんが、それ以外のプレイは、とりあえずやってみてからNGにしてみるなど、面接では要求を受け入れることが大事です。

即日入店を可能にしておく

ほとんどのデリヘル店の面接では、すぐに入店できるか、という話をされることがあります。もし、そのような話になったら、すぐに働けますという話をしておかないと、採用されない場合もあります。
お店的に、時間がかかってしまったり、すぐに仕事をしてくれない人を雇いたいとは思っていないのです。体験入店でも良いので、すぐに働いてくれる人は、お店にとって貴重な存在であり、指名を獲得するチャンスでもあります。多くのデリヘル店は、すぐにでも入店して欲しい場面がありますので、そのタイミングで入店することが大事なことなんです。

いかがでしたでしょうか。
稼げるデリヘルを探すなら「デリヘル求人サポート」にお任せ下さい!
面接の手続きから退店まで全面的にサポートさせて頂きますので、風俗未経験の女性でも安心してご利用いただけます。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP