デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

事務所・店舗待機のデリヘル嬢って、貴重品はどこに置くの?

デリヘル嬢は、店舗や事務所で待機を指示させられることがあります。
その時、自分の貴重品はきちんと自己管理しなければなりません。しかし、待機室での盗難トラブルが多いことも事実です。私物を勝手に触られるのも嫌ですし、ずっと気を張っているのも疲れてしまいます。そのため、どこに隠しておけば盗まれないのか考えることが大事です。貴重品の保管場所はどこにするべきなのか?それとも常にもち歩くべきなのか、安全な場所を確保し不安を解消しましょう。

できる限り目に付く場所に置く

一番の対策は、貴重品から手を離さないことですが、出勤中やお仕事中は難しいので、目の届くところに保管しましょう。盗みの被害もありますので、バッグに入れて持ち続けることも大事です。それができているようであれば、貴重品がなくなることはありません。
また、目につくところに置くことも可能ですが、待機室に机が置いていないデリヘル店もありますし、置かないようにと言われることもあります。その場合は膝の上に持つなどして、自分の目から離れないようにしっかり管理しましょう。

管理場所を用意するデルヘル店もある

大手デリヘル店に多いのですが、貴重品を預ける個人ロッカーが用意されています。
鍵をかけるタイプですので、鍵だけしっかり持っていればいつでも取り出し可能です。最近では待機室でのトラブルを防ぐために、出勤したらロッカーに貴重品を保管することを義務付けているデリヘル店もあります。
ロッカーといっても、駅にあるようなコインロッカーと同じようなもので、スペースは広くありません。店舗待機だからといって、大きな荷物は入れることができないので、大きな荷物はスタッフにお願いして預かってもらいましょう。

また、そのお店の店長が貴重品を預かるというお店もあります。そのようなお店の場合不安になる方は、予め貴重品は持ってこないか、小さなポーチに入れ持ち歩くことが一番でしょう。

ダメ!適当な場所に置くこと

一番やってはいけないことは、警戒せずに適当な場所に置いてしまうことです。 誰でも触れることができるのが最も危険ですので、置かないようにしましょう。お財布からお札だけ抜かれることが日常茶飯事ですので、物があっても安心してはいけません。トイレなど短い時間でも貴重品から離れるときは、身から離さないことをオススメします。ロッカーがないデルヘル店も多いため、小さいポーチやバッグを貴重品を持ち歩く専用として用意しましょう。

また、デリヘル嬢が警戒しなければならないのは待機室だけではありません。派遣先のホテルや自宅でもお客さんに物や現金を盗られる可能性もあります。例えば、シャワーを浴びている最中が多いのだとか。
更に心配しないといけないのが、プライベート用のスマホから個人データーをコピーされることです。スマホはロック機能が搭載されて安心ですが、持ち逃げされたら終わり。
派遣先に貴重品や私物を持ち込まないデリヘル嬢もいるので、参考にしましょう。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP