デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

デリヘルは不感症でも稼げる?

不感症とは、パートナーとのオーラルセックスやセックスに対して嫌悪感があったり、性的な刺激による興奮を得られないことを言います。
「不感症かも…」と自覚があるデリヘル嬢もいるかと思います。しかし、不感症の方でももちろんデリヘルで働くことができます。これからデリヘルで働こうと考えている女性や不感症で悩んでいる方も含め今回は、不感症の方のデリヘルでの働き方についてご紹介して行きたいと思います。

不感症になってしまうのは様々な理由がある

デリヘルの仕事をしていくうちに不感症になってしまった女性は少なくありません。それも相手がお客さんだけでなく、恋人や旦那さんとの性行為の時さえも全く感じない・感じにくいという。好きな人にまで不感症でいることは時に辛い場面にぶち当たることでしょう。しかし、そうした不感症の女性は相手に対して悪いと思い、感じている演技をする傾向にあります。
不感症になってしまう理由には何通りかありますが、多くの場合、心の問題と言われています。性行為に関してトラウマがある場合も不感症の原因とされています。しかし、中にはデリヘルで働きたいが、不感症が原因でなかなか面接に行けずにいる女性もいるかと思います。では、不感症である場合デリヘルで稼ぐことは可能なのでしょうか。

不感症は演技力が求められる

先ほど不感症の女性は演技をする傾向にあると書きましたが、デリヘルで働く上でも演技力が必要になってきます。また、デリヘルで働く女性の多くは快感を得るために働いているわけではないので、不感症でなくとも風俗で働く女性は演技力が必然的に求められるのです。ですので、演技力さえ抑えておけば不感症でも十分稼げるので安心してください。
現実、プライベートの性行為で演技をしている女性は何人もいます。お手本はAV女優です。男性はAVに影響されているため、多少の演技は自分のテクニックで女性は感じていると思っています。ですので、その男性の先入観を活用した演技をすれば指名が増えること間違いないと言えるでしょう。しかし、大げさに喘ぎ声を出したり、極端な演技はバレてしまう場合があるので、上手く微調整をしながら演技すると効果抜群です。

まとめ

不感症はデリヘル嬢に限ったことではありません。一般の人でも身体の不調など様々な理由で不感症になることがあります。ただいつも不感症だと、性行為や愛撫を楽しめなくなってしまい、逆にセックスの快感を求めるために浮気や身体を壊すまで性的刺激を求め続けてしまい兼ねません。そうならないためにも、原因を探ったり、病院に相談したり、オナニーをしたりすることも日常に取り入れてみるのも良いかもしれません。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP