デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

発言に気をつけよう!デリヘル客に安易に言ってはいけないこと

プライベートの話はもちろん、デリヘルでお客さんに話て良いことと悪いことがあります。 夜の業界でお客さんには「政治」「宗教」「野球」の話はするな!と言うのを耳にしたことがあるかと思います。ほとんどの風俗嬢がそれらの話はしていないでしょう。しかし、それ以外ならなんでも話て良いとは限りません。男性は十人十色。プライドの塊。あなたのちょっとした発言で悪気はなくとも、男性は気を悪くします。しかも高い金額を支払って癒しを求めていたり、愚痴を聞いて欲しかったりと、ご奉仕されにデリヘルを利用しにきたのに、急に心ない言葉を言われたり、聞きたくもないことを話されてはもう指名したいとは思わないですよね。
今回は、意外と言われたくないデリヘル嬢からの発言をご紹介します。既に話してしまったデリヘル嬢は今後気をつけていきましょう。

「イケメンは苦手」と言う話

「私イケメン苦手なんだよね」「イケメン嫌い」は、男性に対してNG発言です。それはなぜか?相手の男性が普通の顔であっても、本人は自分はイケメンだと思っていた場合、「自分のことが苦手なんだ…」と捕らえてしまう男性も結構いるんです。逆に「俺、可愛い子とか綺麗な子無理なんだよね」なんて言われたらどう思いますか?美容系を日頃一生懸命やっていたとしたら、微妙な気分になったりすると思います。
ですので、年齢も若めでそこそこ普通の顔の男性には、言わないように注意しましょう。中には自分に自信がある男性もいるものです。簡単に気分を害してしまいます。

他の女の子・お客さんの話

これは絶対話てはいけません。たとえお客さんから他の女の子やお客さんの話をもちかけられたとしても、適当に流すようにしましょう。「普段顔合わないから他の女の子のことは分からないです」「プライバシーを守りたいので、他のお客さんのことはごめんなさい」など伝え、すぐに違う話題に切り替えることが大切です。仮に言ってしまった場合、お店の話は評判に繋がり、他の女の子にも迷惑がかかりお店全体が働きにくい環境となってしまうのです。そうなると集客率も下がってしまいます。そして最終的に自分の稼ぎにも響いてきてしまうのです。話すことがないからといって、お店の話題だけは避けるようにしましょう。

基本的に聞き役に回るのが無難、時々エロ話

また、家族、仕事、病気の話も持ちかけないようにしましょう。持病がある男性が聞いた場合、嫌な気持ちにさせてしまいます。家族の話も当然NG。内緒でデリヘルを利用していますし、それ以前にデリヘルで男のロマンを感じ現実逃避している男性もいます。そこに家族や仕事の話をされたら余計なお世話だと怒らせてしまう可能性もあります。
しかし、これらの話をお客さん自ら話題にしてくる場合があります。その時は「それは大変でしたね」など聞き役に回るようにしましょう。そして、お客さんの大半が性的サービスを求めてきていますので、性感帯の話やエロ話を取り入れることは忘れないようにしましょう。全てのトークが堅いと、お客さんもあなたも疲れてしまいます。そして、いつもお客さんから離れず、基本的に話ているときはお客さんの膝には手を置いている状態がオススメの接客方です。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP