デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

愛される女性の上手な話の聞き方

『上手な話の聞き方』あなたはできていますか?
男性にも女性にも愛される女性は、聞き上手。 そして、その女性が聞き上手かどうか一番良く分かるのは「同じ話を聞かされたとき」なのです。

「めんどくさいオーラ」が出ていませんか?

例えば、同じ話を何度も繰り返す年上男性。 いつも同じような愚痴ばかり言ってくる同僚。
あなたの周りにも一人や二人はいるのではないでしょうか? 同じ話を聞かされたとき、「この人、前と同じこと言ってる」と時間のムダ感を味わった経験がある女性は非常に多いことでしょう。
もしあなたが”せっかち”な性格だったら、「また同じ話!この人との会話は退屈だし疲れるなぁ…」と感じてしまうのも無理はないでしょう。
ただ、どういう理由があったとしても 「あの〜その話、先週聞きましたよ」 「何度も同じ話しなくても分かってますから」 などと、相手の話の腰を折ってしまうのは賢い女性の対応ではありません。 もちろん、めんどくさそうな表情もNG! それは、相手との関係が親しい間柄であったとしても同じです。 例えば、深〜い絆で結ばれている”親友同士”だって、昔の思い出を何度も繰り返して話を共有するものですよね。
それを「その話はもういいよ」「またその話?」と言ってしまえば、親友との関係だってギクシャクしかねません。 気持ち良さそうに同じ話を繰り返す相手に、わざわざバケツで氷水をぶっかけるような真似をする必要はないのです。 では、男性にも女性にも愛される女性は、どんな聞き方をしているのでしょう?

愛される女性の上手な聞き方とは?

男からも女からも愛される女性は、何度同じ話をされようと相手の話を「まるで初めて聞いたかのように」聞き入れます。 同じ話を何度も繰り返すということは『その人にとって大事な出来事なのだろう』と心配り(こころくばり)が出来るのです。
字は同じですが「心配(しんぱい)」ではなく『心配り(こころくばり)』です。
ただし、聞き方には注意が必要です。 毎回同じ相づちを打っているだけでは、さらなる会話の広がりは期待できません。 いつものように話に同調して、いつものように話が終わる。
それでは、相手との信頼関係を深めていくことにはなりません。
過去の栄光を嬉しそうに話してくる年上男性であれば、 「その当時の会社は、社員数どれくらいだったのですか?」 「その頃の部長は、今の私なんかよりもずっと優秀だったんでしょうね」 などと、新しい会話の展開を試みるのもいいでしょう。
「俺って、すごいでしょ?」と見栄を張ってくる男友達や同僚であれば、
「やっぱりすごいよね、かなわないなぁ?」 と相手を気持ちよく勝たせてあげたり、
「その才能、他にもいろんなことに活かせそうだよね!」
と新しいモノの見方を示してあげたりするのもいいのです。
他にも、同じような愚痴ばっかり話してくる女友達や同僚であれば、 「それ、何度聞いても酷い話だよね」などと深い共感を示すことが一番のポイントなのです。
相手の話を単に聞くだけでなく、話を深める質問をしたり、相手を勝たせてあげたり、新しいモノの見方を示してあげたり、何度聞いても「それ分かる?!」と深い共感をしてあげることで、思いがけない話(有意義な話になったり、刺激的な話になったり)に発展するかもしれません。
また、相手が「そういえば、前にも同じ話したことあったよね?ごめんごめん」と言ってきても、例えば相手が男性なら「はい。でも、何度聞いても部長のそのお話は勉強になります!」と返答すれば、相手は喜んでくれるはずですよね。
男性からも女性からも愛される女性は、同じ話を何度繰り返し聞かされても、それを相手との信頼関係を深めるツールにしちゃうのです。

まとめ

いかがでしょうか。 あなたにも当てはまっていた事柄があるはずです。
それらをご紹介したように改善していけば男性とのコミュニケーション能力かグンと上がり 稼げる女性になれること間違い無しですよ。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP