デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

頭痛の分類と種類を知ろう

さまざまな種類がある頭痛

稼がなければならないのに、頭が痛くて起き上がれないという経験はありませんか?
風俗は自由出勤が可能とはいえ、急な頭痛が起きてしまったらどうしようもないですよね。
二日酔いで一時的に起きる頭痛に悩まされる人もいると思いますが、慢性的に起こる頭痛に苦しむ「頭痛持ち」の人も多くいます。 実は、頭痛には大きく分ける2つに分類されるんです。
日常の疲れなどから引き起こる「一次性頭痛」と、命に関わるような疾患が起因する「二次性頭痛」です。 頭痛持ちの人、最近毎日頭痛が起きて困っているという人は、自分の頭痛のタイプを見極めて治療や対処をしてみてください。

一次性頭痛の種類

代表的な一次性頭痛は、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛の3つです。
片頭痛・緊張型頭痛の混合タイプもあります。
片頭痛に悩まされている女性は多いのではないでしょうか?
では、この3つの頭痛の症状と対処法をご紹介します。
片頭痛
20代〜40代の女性に多くみられる頭痛です。 ストレス、疲労で引き起こるほか、女性ホルモンが関係しているとされています。
その症状はズキズキと脈を打つような強い痛みを感じ、光や音に敏感になったり吐き気などを伴い、頭や身体を動かすと、頭に響いて症状が悪化する傾向があります。
まれに、片頭痛の前兆として視野の中に光が現れるという人もいます。
片頭痛は頭蓋骨内の血管が広がり炎症が起きることから発生するため、入浴や運動、マッサージといった血流が激しくなることは避けて、こめかみなど痛む部分を冷やしながら静かな部屋で横になって休むようにしてください。 あまりにもひどい場合は、専門医の診察を受けましょう。
*緊張型頭痛
年齢とわず誰もが発症する可能性がある頭痛です。
後頭部を中心に頭全体を締め付けられるような重苦しい痛みで、軽いめまいや毎日、朝から晩まで一定のにぶい痛みが続きます。
仕事ができないほどの痛みはなく、精神的なストレス、長時間のデスクワークなど同じ姿勢を続けたことによって血流が悪くなり、首や頭の筋肉が緊張して固くなることから発生します。
緊張型頭痛を持つ人は肩や首のこりを伴う人が多いです。
そのため、入浴や蒸しタオルなどで肩や首を温めたり、首を左右に倒したり、回転させるなどのストレッチをしてください。
*群発頭痛
男性の多くに発生する頭痛で、まれなタイプといえます。
目の後ろを通っている内頸動脈が拡張することで発症する頭痛で、目をえぐられるような激しい痛みがあり、一度症状が出始めると1〜2ヶ月間毎日同じ時間帯に現れます。
激しい痛みがあるので、専門医の診察を受け、飲酒・喫煙は控えた方が良いでしょう。
また、日頃から規則正しい生活をするように心がけてください。

二次性頭痛の種類

二次性頭痛は、命に関わる頭痛になります。
くも膜下出血、内出血、脳腫瘍、髄膜炎、心身症、顎関節症など、手術や入院、長期治療が必要な頭痛になります。
一次性頭痛で紹介した症状以外の痛みを感じたら、すぐに診察を受けてください。
いかがでしたか? 頭痛はさまざまな要因によって起こり、痛みの強さや、痛む部分、持続時間などの症状も人によって異なります。
バファリンなどの鎮痛剤を適度に利用して頭痛と上手に付き合いながら、稼いでいきましょう。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP