デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

性病への危機感をもとう

日本は性風俗産業が世界でも群を抜いて盛んです。
店舗型と無店舗型風俗の風俗店がありますが、その種類は何十種類にもおよびます。
日本ではわざわざお店にいくのが恥ずかしい、個室でサービスを楽しみたいという人にもってこいのデリヘルというサービスがあるのです。

デリヘルの普及にともなって

最近では全国的にもデリヘルが主流になってきました。
高収入で働きやすいということから女の子の人気も高く、空いた時間に稼いだり、出稼ぎに行ってガッツリ稼ぐなど働き方はさまざまです。
やはり日本というのはまだまだ不況が続いていますし、新卒であっても若者の就職状況は良いとは言い切れません。
とくに収入の伸びというところにおいては昔のバブル期などから比べれば伸び率の低下は著しく、30代においても年収300万円代ということも決して少なくありません。
デリヘルのお仕事というのは稼げる女の子は月に50万〜100万円以上稼ぐ女の子もいたりします。
やはり若い女の子にとっては高収入で手軽に稼げるということで魅力的な職業に見えるのです。

手軽だからこそ気をつける

デリヘルで働くうえで最も気をつけておきたいのは、何より自分自身の体です。
デリヘルというのは法律上本番行為は固く禁止されています。
フェラチオや69、全身リップにディープキスなど初めて会ったお客さんと性的な絡みを行なうお仕事です。
たった1日でも1ヶ月でも、そういった行為をしていると性病というリスクは絶対に避けられないものです。
最近では、コンドーム絶対着用やプレイ前後のシャワーを徹底したり、定期的な健康診断を行なってくれるお店もあるなどお店側も「衛生対策」を徹底するお店が増えてきました。
それでも100%性病を防ぐというのは難しいことなのです。

性病予防は自分次第で決まる

たしかに最近は女の子の体を気遣ってくれるお店は増えてきていますが、 それでも性病から身を守るのは最終的には自分自身であるということを絶対に忘れないようにしましょう。
ゴム無しのサービスは性病のリスクが一気に上がります。
自分の身を守るためにも、衛生面に特化したお店を選ぶことをオススメします。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP