デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

色恋営業と友達営業を使い分けよう!

指名を増やすには

風俗で働く女の子たちは指名を増やすためにさまざまな営業をがんばります。
本番行為や店外デートなどは禁止されていますよね?
では、何を頑張って指名を獲得しているのでしょうか。
それは、接客中に行われる「色恋営業」と「友達営業」のことです。

色恋営業って?

色恋営業は女の子がお客さんにいかにも「好意」を寄せているようなそぶりを見せて、「この子は俺のことが好きなのかも…」と期待をさせる疑似恋愛テクニックのことをいいます。
恋人気分を味わいたい男性客には、その人のかわいい彼女になったつもりで甘え、二人だけの呼び名を作ったり、ベタベタしたり、ラブラブな空気を演出し、やってほしいと言われたことできる限りやってあげると喜ばれます。
その男性客に「自分は特別なんだ」と感じさせることができれば色恋営業の成功です。
中には本気になってしまうお客さんもいるので、やり過ぎには注意し、適度な色恋営業で指名を獲得していきましょう。

友達営業って?

友達営業は色恋営業とは違い、本当の友達のように接することです。
趣味の話をしたり、相談にのったり、会話をすることに重点を置いて接客していきます。
礼儀を気にするお客さんもいるので、いきなりタメ口で話すことはしないでください。
最初は馴れ馴れしくしすぎないようにして、だんだんと崩していくことでお客さんも心を開いてくれるでしょう。
仲良くなり何度か指名をしてもらえるような関係になってきたら「稼げてないから、来週も来て指名してー!」と頼むことも可能になります。

さまざまな営業方法を上手に使い分けよう!

基本的に色恋営業が一番指名につながりやすいです。
しかし、風俗を利用する男性の中にもさまざまなタイプがいます。
恋人気分が味わいたい男性、女の子のわがままを聞いてあげたい男性、わがままをいいたい男性、M女を少しいじめてた楽しめたい男性、話を聞いてもらいたい男性などです。
すべての男性に色恋営業が通じるかといったら、そうではありません。
Sっ気のある男性に何かを頼まれたら、軽く嘘泣きをしながら「嫌だけどがんばります」といった態度で臨むと相手のS心をくすぐることができますし、話を聞いてもらいたい男性には友達営業が好まれます。
訪れる男性客のタイプに応じて、キャラを演じ分けてみてください。
そうやって上手に営業をこなしていくことで、いつの間にか指名数は増えていきます。 いかがでしたか?
営業といってもさまざまな方法があります。
どの営業方法をとったとしても、笑顔での接客を忘れないように心がけてください。
愛想のない女の子はS女でない限り喜ばれません。 愛嬌のある接客をして永久指名を目指していきましょう!

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP