デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

梅毒ってどんな病気?

梅毒(ばいどく)とは潜伏期間が長く、長期的に進行する病気です。
数十年前までは感染から10年ほどで死亡してしまうこともある恐ろしい病気でした。
しかし現在では、ペニシリン系の抗生物質を服用することで完治することができます。
今回は、風俗業を行う上で感染しる可能性の高い「梅毒」という性病についてご紹介していきます。

どうやって感染するの?

梅毒は病原菌によって感染し、他の性病に比べて感染しやすい傾向があります。
口内に切り傷や口内炎などのケガしている場合などにはキスだけで感染することもあります。
セックスでの予防はコンドームを使用することで予防はできますが、 キスやフェラチオなどのオーラルセックス(愛撫)によって口やのどに感染する可能性もあります。

症状

梅毒に感染すると、感染から3週間〜3ヶ月ほどの期間で感染した部分に硬い小さなしこりができます。
このしこりは放置しておくと自然に消えますが、病原菌が体内に広がり病気が進行していきます。 この時点で病院に行って治療を受ければ早い段階で完治できます。 感染から3年ほどすると体中のリンパ節が腫れたり、発熱の症状が出ます。
また、全身や手足に特徴的な赤い発疹ができます。 現在では適切に治療が行われているため、ここまで症状が進むことはあまりありませんが、放置してしまうと症状は悪化してしまうので気をつけましょう。

早期発見につながる定期検診

梅毒はペニシリン系の抗生剤を服用することで完治させることができます。
治療期間としては、発見が早く、初期の感染であれば2~4週間程度で終わります。
もちろんその期間風俗のお仕事はお休みしなければなりません。
治療が遅れるとそれだけ症状が悪化してしまい、医療費もかかってしまいます。
万が一体違和感を覚えたら、気のせいと感じても我慢せずに早めに検査を受けましょう。
いかがでしたでしょうか? ネットなどで簡単な性病チェックのサイトはありますが、性病の場合は自己判断が最も危険です。
性病の予防をとって風俗のお仕事をするようにしましょう。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP