デリヘル求人・バイト・出稼ぎ

LINEからお問い合わせ

「本番」行為をしたいお客

ソープだと本番はありますが、ピンサロやヘルスなどは本番ナシです。
そうはいっても、個室に二人っきりになれば、本番行為をやりたがるお客さんも少なくありません。
ソープだとお給料は確かにいいですが、本番をやりたくないが故にピンサロやヘルスを選ぶ女のコも多いとか。

「本番」行為を迫る人はこんなタイプ

実際、お客さんはどんなふうに「本番」行為をしたいと迫ってくるのかというと…。
やらせろやらせろ、とひたすらしつこく言ってくるお客さんもいれば、○○円でどう?とお金をくれるお客さんもいます。
前者のタイプはかわすのに困るタイプだが、後者の場合はお金をもらえるなら…とすんなり応じるケースも。
中にははじめ数千円出して、これでどう?と言ってきた後に、ごめんごめん間違えてたと数万円だしてくるケースもあるそう。
こうなると応じてしまう女性もいるらしいので、相手の作戦にのらないように気を付けてください。
実際風俗の仕事を始めたきっかけは大半の子が「お金」なので、直接自分がもらえるお金が増えるなら「本番」もアリと割り切る女性がいるのも確かですが。
また、甘え上手なお客さんにも要注意。
本番がダメなピンサロやヘルスでも、お客さん次第で本番アリと考える女のコが多いという事実があるのです。
実際、風俗の仕事はきれいごとで終わるものではなく、ある程度覚悟をしていないと務まらない仕事というのもあるでしょう。
ピンサロやヘルスではとにかく本番をしたいがために、あの手この手を使ってくるお客がいます。
「先っちょだけ」とか、土下座して頼むとかまでされると、そこまで言われたら…と思ってしまい応じてしまったり、素股のようにみせかけて実は挿入したり…なんていうことも。
「前はやらせてくれたのに、今日はダメなの?」なんて言ってきたりしても、さらりとかわしましょう。断れない性格や優しさにつけ込んでくるお客には気を付けてください。

「本番」行為をしたい客をかわす術を

基本的にピンサロやヘルスでの「本番」行為は禁止なので、応じる必要はないのです。
あまりにしつこいお客さんがいるときは、お店の人に相談してみましょう。お店の人に言わずに、お客さんの強引な誘いを断れずに、しぶしぶ本番行為に応じてしまうことだけは避けたいもの。
そういう人は、一度応じると毎回本番を強いるようになる可能性も。
ピンサロやヘルスでは、「本番」行為をしたいお客をいかにかわすか。
これは、風俗では避けられない問題なので、そんなお客がいたらかわす術を身に付けましょう。

他の特集記事を読む

お問い合わせステップ
※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
希望のエリア
質問・お悩み相談など


LINEからお問い合わせ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

LINEからお問い合わせ

加盟店募集について

↑ PAGE TOP